シチリア島南部の町、ノートへのアクセス方法をご紹介します!

カターニアから

カターニア

シチリア島東部の中心都市で、国際空港もあるカターニアからノートへのアクセスは、interbusの長距離バスで1時間35分。片道€8.4、往復€13。

interbusのバスの本数は、1日に7本程度です。

カターニアでは鉄道駅、ボルセッリーノ広場、カターニア空港から乗車できます。

時刻表はinterbusの公式サイトでご確認ください。

ASTの長距離バスでも行けますが、ASTの方はASTの公式サイトでわかるのは時刻表だけで、カターニアでの停留所、料金はわかりません。ASTのバスの本数は1日6便程度です。

シラクーサから

シラクーサのバスターミナル

ノートと最も近い、シチリアの観光主要都市はシラクーサです。

シラクーサからノートに行くには、interbusASTの長距離バスで1時間弱(片道€3.6、往復€5.9)、鉄道で30分(片道€3.8)です。

そう聞くと、鉄道で行こうかな、とお思いになるかもしれませんが、鉄道駅よりバスターミナルの方がノートの中心街に近いので、トータルの時間は、あまり変わらなくなると思います(後述します)。

長距離バスは、interbusASTを合わせて1日に10本程度、電車は1日に8本程度です。

私はシラクーサからノートへ行きましたが、行きはバス、帰りは電車を使いました。

シラクーサ発ノート行きのバスは、シラクーサ鉄道駅近くのバスターミナルの、道路に面したバス停から出ました。

シラクーサのバスターミナル

このバス停です。目の前には廃墟みたいなビルがありました。

注意したいのは、このバス停に時刻表が貼ってあったのですが、バスターミナルにいたスタッフさんに「この時刻表は古いよ」と言われ、正しい時刻表が載ったバインダーを見せてもらいました(気付いてるならナゼ取り替えないのだ…)。

現在貼ってある時刻表が正しいかどうかはわかりませんが、念のためASTのサイトで確認しましょう。

でも、バス停に貼ってある時刻表が正しくない以上、ASTのサイトが正しいという保証もないですよね(苦笑)。

正確な時刻表を知っておきたい場合は、バスターミナルのスタッフさんに直接尋ねるのがよいかもしれません。

切符はバス内で購入できました。ノートが終点ではないこともあるので、ノートに着いたら運転手さんに教えてもらうように、お願いしておいた方がよいです。

ラグーザ、モディカ方面から

ラグーザ

「ノート渓谷」と一括りにされていますが、実は、ノートは、同じノート渓谷内の、ラグーザやモディカからのアクセスはあまり良くないです。

直線距離が遠いわけではないのですが、バスが遠回りをするようで、モディカからだと2時間弱、ラグーザからだと2時間15分程かかります。

鉄道を使えば、1時間前後ですが、本数がかなり少ないです。ノートへ日帰りで行くなら、ラグーザ・モディカからではなく、シラクーサ、もしくはカターニアから行く方が楽です。

ノートの鉄道駅とバス停

ノートの鉄道駅について

ノートの鉄道駅

ノートの鉄道駅は、高台にある町から下っていった、町のふもとにあります。

ノートに行く前に、ネットで情報を集めると、このノート駅が、「中心街からは遠くて歩いて行くのは無理」と言う意見と、「すぐそこだから楽勝」という意見に分かれていました。

実際に行ってみた感想だと、歩けないという距離ではなかったです。

行きは上りなので20分くらい、帰りは下りなので10分くらいで着きます。夏場の暑い時期などは、上りの場合は、思いの外大変に感じる可能性はあります。

また、ノート駅は無人駅です。自動券売機はありますが、鉄道切符は往復で購入しておくのが安心です。

鉄道駅周辺は寂しい雰囲気なので、特に遅い時間に移動する場合は、中心街の城門を出てすぐの場所にある、公園沿いのバス停から出るバスを利用する方がいいと思います。

ちなみに鉄道駅からノートの中心街に行く道は、ひたすら上るだけで、それほど難しい道ではありません。

ノートの駅前

「centro storico(イタリア語で「中心街」)」の矢印に従って、上へ上へと上ります。遠くにうっすらと見えているのが、ノートの中心街(旧市街)です。

ノートのバス停について

ノートのバス停

ノートへ来る長距離バスは、ノート旧市街の少し外側に停まります。

バス停の目の前に公園があり、この公園を突っ切ると、ノートの旧市街に入る城門が見えてきます。

ノートの城門

こちらがノートの旧市街の入り口にある城門です。バス停からは歩いて2分くらいです。

他のノート観光の関連記事もあわせてどうぞ


イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi