イタリアは日本と指での数え方が違う!

エディコラ

イタリア旅行中にイタリア人に数を伝える時に、イマイチ伝わるか心配で、指でのジェスチャーもつけて、数を示したくなります。

たとえば「入場券2枚ください!」と言うときに、一緒に指を2本立てて言いたくなりますね。

日本の2

こんな感じで。

ただし、この時に注意してください!

イタリア語では、日本語と、指での数の数え方が違います。

イタリアでは親指から順番に立てて数を数える

数の数え方
イタリアでは、数を数えるときに、親指から順番に立てていきます。

そうすると、1から4までの数字は、日本と数え方が違う形になります。

指で1

1は人差し指ではなく、「good!」のジェスチャーのように親指を立てます。

指で2

2はピースやチョキの形ではなく、親指と人差し指を立てます。

指で3

3は真ん中の3本ではなく、親指+人差し指+中指です。

指で4

4は小指だけを曲げます。この形、ちょっと難しいですよね。私は左手でならできますが、右手ではできません。イタリア人も、あまり上手じゃない人がいたり、もう一方の手で小指を押さえる人もいます。

日本の「2」は「3」と間違えられるから気をつけて!

パレルモ空港のお菓子

一番気をつけたいのは、「2」を指で表す場合です。

日本式にピースをして数を表すと、イタリア人は「2」を表すときに中指を立てないので、「3」と間違えてしまう可能性があります。

私は初めてイタリアに行ったとき、電車の切符2人分購入したつもりが、3人分の運賃が取られました。

当時は「ぼられた…!」と憤りましたが、今に思えば、日本式に人差し指と中指を立ててしまったため、3と間違えられてしまった可能性が高いです。

イタリアで買い物をするときは、指は使わないで伝えるか、イタリア式の数え方と同じように数えた方が安心です。

ちなみに日本とイタリアどちらが世界標準?

地球儀

日本とイタリアの数の数え方は、どちらの方が世界的に見ると多数派なのか、というと、どちらとも言えないようです。

アメリカ、イギリスなど英語圏では、日本と同じ数え方をするそうです。

それに対し、他の大陸系のヨーロッパ諸国では、イタリアと同じ数え方なのだとか。

日本でも地域によっては、小指から立てていく数え方もあるそうです。台湾はもっと複雑な数え方をするそうですし、指の数え方にも地域性があるなんて面白いですね。

関連記事

イタリア語の数字を覚えれば旅行中の買い物に役に立つ!

イタリア旅行のお土産のおすすめは?実際に喜ばれたもの・NGなもの

イタリア旅行の買い物はお店の営業時間と休みの曜日に注意しよう!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi