アッシジ道案内

イタリア旅行では、地図を持っていても、目的地に上手にたどりつけないことがあります。

城壁に囲まれた山間部の都市は、道が迷宮状に入り組んでいて、等身大の迷路になっていることがあります。

平地の都市部でも、観光のメインとなる旧市街は、町の景観を保つために、同じような色の建物が並び、ランドマークになる建物が少なく、道探しに苦労します。

そんな時、通りかかった地元のイタリア人に声をかけて、道を教えてもらう機会も出てくると思います。

イタリア人が教える道は間違っていることが多いです!

チェファルの岩山

イタリア人の国民性は、概して陽気で話し好きな人が多く、道をたずねたら、親切に教えてもらえることが多いです。

しかし、ここで注意してください!

観光案内所のスタッフや、ホテルのフロントで尋ねた場合は、教えてくれる道が間違っていることはあまりないですが、道端で一般の人に道を聞いた場合、答えが間違っていることが、結構多いのです。

正確に統計を取ったことはないですが(笑)、イメージだと、15%くらいの割合で間違っています。

イタリア人が確信のない道を教えるのは文化の違い

サン・クイリコ・ドルチャ

「何で違う道を教えるんだ!嫌がらせのつもりか!」と、時間がなくて焦っている時には、腹も立つかもしれません。

ですが、イタリア人が間違った道を教えてしまうのは、決して悪意ではなく、むしろ善意なのだそうです。

困った人に助けを求められたときに、「わかりません」と答えるのは不親切で、それよりは、確信はなくても、「自分はこう思う」という考えを述べる…という価値観なのだそうです。

日本人は、「間違った情報を教えたら迷惑だから、わからないと答えた方が親切だろう」と考える人の方が多いですよね。まったくもって、文化の違いだなあと思います。

イタリア人に道を尋ねる時は何に注意すればよい?

コルトーナ

さて。こんな日本とイタリアの文化の違いに、私は何度も痛い目を見てきました。

道を尋ねたときに、「わかってなくてもとりあえず何か答える」イタリア人の回答を、どう扱えばよいか。

現段階の私の結論はコレです。

イタリア人が、即答でなく何か思案してから答えた時は、その答えを鵜呑みにしないで、他の人にも聞いてみる」。

イタリア人でなくても、わかっている道を答える時は、それほど考えずに、すぐに教えることができますよね。ちょっと考える時間があるということは、その場所を正確には知らない可能性が高いということです。

「そうは言っても、一度答えてもらってるのに、その人の目の前で他の人に聞くのは失礼で、ちょっとできない…」という人もいるかもしれません。

そんな時は、その人が教えてくれた方向に少々進んでから、他の人に聞けば大丈夫です!もっと言えば、イタリア人はあまり細かいことは気にしないので、あまり気を遣わなくても大丈夫です。

関連記事

イタリア旅行での軽い風邪・体調不良はまず薬局に行こう!

イタリアのトイレ事情!「便座とトイレットペーパーがなく汚い」は過去の話?

要注意!イタリア人の指を使った数え方は日本と違う!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi