ローマの路地

イタリアの観光都市では、残念ながら、観光客を狙ったスリが多発します。

イタリア旅行でスリに遭い、貴重品を盗られたという体験談は、枚挙にいとまなし、です。

金銭の盗難は、悔しいですが、諦めるほかありません。

それに対し、紛失したら大変なのが、パスポート。

イタリア旅行では、観光中にパスポートを持ち歩くべきなのか、ホテルに置いたままにした方がよいのか、意見は分かれます。

イタリア旅行でパスポートが必要なのはどんな場面?

パスポートはイタリア旅行の必需品ですが、必ず毎日使うものというわけではありません。

イタリア旅行で、パスポートが必要になる主要なシチュエーションは、以下の場面です。

フライトのチェックイン

空港での保安検査場、出入国審査

ホテルのチェックイン

美術館でのオーディオガイドのレンタル

免税店で買い物した際の書類作成

サッカーチケットの購入

サッカースタジアムへの入場

レンタカーの申し込み

パスポートはコピーで代用ができるか?

パスポート

イタリアはスリが多いため、本物のパスポートはホテルに置いて、コピーを持ち歩くという方法をとる人もいます。

ですが、上記の場面では、パスポートのコピーでは代用が利かないことの方が多いです。

イタリア人は、日本ほどきちっとした国ではないので、その時のスタッフの裁量によることもあるのですが、確実にコピーで大丈夫なのは、買い物をした店で免税書類を作る時くらいです。

なぜ、この場合はコピーで大丈夫なのかというと、この時のパスポートは身分証明のために必要なのではなく、書類に書き込むパスポート番号を知りたいだけだからです。

また、かなり格安料金で泊まれるホテルでは、チェックインの際にコピーでもOKということもあります。

ただ、身分をしっかり確認しないホテルには、他にどんな人が宿泊しているかわからないというリスクが伴います。

他の場面では、パスポートは身分証明書として必要になります。コピーは通用しないと考えましょう。

それでもパスポートはコピーを取っておいた方がよい!

パスポートの代用としてはあまり使えないコピーですが、それでも、パスポートのコピーは取っておいて、スーツケースに入れておきましょう。

これは、パスポートを無くした時の備えです。

万が一パスポートをイタリアで紛失してしまった時、「パスポートの再発行」をして旅を続けるか、「帰国のための渡航書」を作って帰国するかになります。

どちらにしても、パスポートのコピーがあると、手続きがスムーズにできるそうです。

パスポートのコピーは荷物になりませんので、必ず持って行くようにしましょう。

パスポートが必要ない日はホテルに置いていくべき?

金庫

その日の観光にパスポートを使う予定がない場合は、スリ対策として、パスポートは、ホテルの金庫やフロントに置いて出かけた方がよいという考え方があります。

しかし、イタリア旅行では、ホテルに置いて出かけた荷物が、盗難に遭ったという被害もあります。

私は、本当に大事なものは、肌身離さず持ち歩いた方がよいと考えているので、ホテルにパスポートは残して出かけません。

服の下にセキュリティ用のポケットがついたインナーを着て、その中にパスポートを入れて、文字通り肌身離さず持ち歩くようにしています。

この方法だと、思わずパスポートが必要になった時は、トイレに取り出しに行けばよいので、今のところ最良の策だち考えています。

セキュリティインナー
私がパスポートを持ち歩く際に使っている、女性用のセキュリティインナーはこちら。

MとLがあり、アマゾンで購入できます→Solo-Tourist プリガード

関連記事

イタリア旅行で最も注意すべきはスリ!実体験から傾向と対策を考える

イタリアでパスポート紛失・盗難に遭った際の行動マニュアル

イタリア旅行のパスポート準備は早めに!残存期間は必ずチェック!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi