チロル城(ティローロ城)のあるティローロ観光中に、地元民の人気カフェを見つけました。

お茶休憩とランチに使い、何を食べても美味しかった「ドルフカフェ(DorfCafé)」をご紹介します!

ドルフカフェはティローロのバスターミナルすぐ近く!

ドルフカフェ(DorfCafé)は、メラーノからのバスが到着するティローロのバスターミナルから、少しチロル城方面に上った場所にあります。

チロル城への道

右の、赤い看板がある建物がドルフカフェです。

サン・ジョヴァンニ教区教会

ピンク色の鐘楼が目印のサン・ジョヴァンニ教区教会(Chiesa parrocchiale di San Giovanni Battista)が近くにあります。

ティローロのドルフカフェ

正面から見ると、「DorfCafé」という看板があります。

バスターミナルからは歩いて2~3分です。

ドルフカフェで食べたケーキ

バスでティローロに到着し、チロル城に向かう途中でこのドルフカフェの前を通ると、シーズンオフで観光客はほとんどいませんでしたが、地元客が店内をたむろっていました。

イタリアで地元の人たちに愛されるバール・カフェにハズレはないんですよね。

その様子を見ただけで、にわかにコーヒーを飲みたくなって入店した私。

ティローロのドルフカフェ

カプチーノとドーナツを食べました!

ドーナツがふんわりしていて美味しい!オーストリアのクラップフェンというドーナツに似ている感じで、ここ南チロル地方がオーストリアとの国境に近いことを感じます。

ちなみにコーヒーもオーストリアのコーヒーブランド、ユリウス・マインルのもので、ユリウス・マインルの上品なキャラメルクッキーが添えられていました。

ティローロのドルフカフェ

同行者の姉は、ベリー系のクリームがたっぷり入ったケーキを食べていました。

これも味見させてもらったけど、甘すぎなくて美味しかったです!

お値段はカウンターでの立ち飲みで、カプチーノが€2.3、ドーナツが€1.8、ケーキが€3でした。

カプチーノが立ち飲みにしてはやや高いかなと思いましたが、チロル地方は他のイタリアの地域と比べて、ちょっとだけコーヒーが高いです。

お店は感じの良い若いカップルが切り盛りしていて、ドイツ語とイタリア語2か国語を話していました。

ランチに持ち帰ったパニーノ

ドルフカフェで食べたドーナツやケーキが美味しくて気に入ったので、帰りにまた立ち寄って、電車の中で食べるランチ用のパニーノを調達しました。

ティローロのドルフカフェ

持ち帰り用にアルミでしっかりくるんでくれました。

パリパリしたハードなパン生地と、サラミ、チーズ、ピクルスの味がよく調和している!

やっぱりイタリアでは、地元の人たちがヘビーに使っているバール・カフェにハズレはないです!

ティローロ観光でぜひドルフカフェ使ってみて!

ティローロで、思いがけず美味しいカフェを見つけたのでご紹介しました。

ティローロに行かれる方のほとんどがチロル城へ行くと思いますが、行き帰りのウォーキングのお腹の足しに、ぜひドルフカフェを使ってみてください!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi