イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

イタリア旅行に海外旅行保険は必要?補償金額はどのくらい欲しい?

  • HOME »
  • 海外旅行保険 »
  • イタリア旅行に海外旅行保険は必要?補償金額はどのくらい欲しい?

旅行保険

トラベル・イズ・トラブルという言葉があるように、旅行にトラブルはつきものです。

特に、海外旅行ともなると、トラブルが起きたときに対処できるかが不安で、海外旅行保険に加入する旅行者が大半です。

しかし、海外旅行保険は、年々値上げの傾向にあり、入らずに済むなら入りたくない…と考える人も多いのではないでしょうか。

このページでは、イタリア旅行に出かける日本人は、海外旅行保険に加入した方がよいのかを検証してみました。

イタリアの医療費は高額!治療系の保険はマスト!

救急車

日本の医療費は、国民皆保険制度のたまもので、世界的に見て低いと言われています。

イタリアの医療費は、そんな日本の医療費と比べると、高額です。

イタリアで旅行者が医者にかかる場合は、待ち時間が長い公立病院ではなく(数時間どころか数日の待ち時間があることも)、待ち時間の少ない私立の病院で受診することがほとんどです。

イタリアの私立病院での診察は、非常に高い治療費が請求されます。

イタリアでの治療も国民健康保険が適用されるなら問題ない?

実は日本の国民健康保険制度では、海外で治療・医療行為を受けた場合でも、保険の適用が受けられ、3割負担の原則に従って、7割の医療費はかえってきます。

そう聞くと、イタリアでの治療の保険はいらないのでは?と思ってしまいますが、この制度には落とし穴があります。

イタリアのように、日本より医療費が高い国で治療を受けた場合は、「同じ治療を日本で受けた場合の医療費」が基準となるのです。

たとえば、イタリアで医者にかかって、50万円の医療費を支払ったが、この治療を、日本で受けた場合は、10万円の医療費になるという場合を考えます。

この場合、日本での医療費が基準となるため、申請しても、手元に返ってくるのは10万×0.7=7万円。

すると、実際に支払った金額50万に対し、7万円しか返ってこないため、43万円分は自己負担となるのです。

この例では、イタリアでの医療費が日本の5倍と仮定しましたが、治療や医療機関によっては10倍以上の金額になり、自己負担金額が100万円を超えることもあり得ます。

以上の理由から、イタリアで受けた医療費を、国民健康保険・社会保険でカバーしようと考えるのは、現実的ではありません。

旅行中に医療機関を受診することはないとタカをくくるのは危険!

そうは言っても、イタリア旅行中に、病院の診察を受けることなどないだろうから大丈夫だろう、と、楽観的に考える人もいるかもしれません。

楽観的なのは良いことかもしれませんが、ちょっとこの考えはリスキーです。

イタリア旅行は、徒歩で回る見どころが多く、想像以上に歩き、疲労がたまります。

疲れや免疫力の低下から、普段だとかからないような病気になってしまうことも、大いにあり得ます。

実際に私は、日本ではあまり風邪を引くことがないのですが、今まで8回のイタリア旅行で、3回も体調を崩しています(幸い、病院にかかるほど重症化したことはまだないですが)。

また、イタリアは、車の運転が荒いことで知られていて、こちらに何の落ち度がなくても、交通事項のアクシデントに見舞われることもあり得ます。

イタリア旅行に行くなら疾病治療・傷害治療保険には入るべき!

以上を考えると、イタリア旅行に行くなら、疾病治療・傷害治療をカバーする旅行保険には入っておくべきです。

保険によって、補償される上限額は異なりますが、個人的には少なくとも500万円は保険で確保したいかなと考えます。

ただでさえ節約旅行なのに、旅行保険代を払うのは嫌だなあ…という人は、海外旅行保険が付帯するクレジットカードを複数枚用意しましょう。

海外旅行保険の保証が手厚いクレジットカードの一覧はこちら(別サイト)

最もおすすめなのはエポスカードです。私も旅行保険用に作っています→海外旅行保険の値上げで無料の「エポスカード」を作りました

「携行品損害」は、それほど重要視はしない!

スーツケース

イタリア旅行で、最も遭いやすいトラブルは、スリです。

イタリアで病気にかかったり、大ケガをしたりして、病院で治療を受ける確率より、スリ被害に遭う確率の方がずっと高いです。私も8回のイタリア旅行で、2度、スリに遭いかけています。

それなら、疾病治療・傷害治療の保険よりも、旅行中になくしたり壊れたりしたものを補償してくれる、「携行品損害」の保険の方が重要かというと、それは一概には言えません。

保険とは、そもそも、自力での支払いが難しい、不慮のアクシデントによる、高額の出費に備えるものだと思います。

イタリアで、アクセサリー、ブランド品、IT機器、カメラなどがなくなったり壊れたりしたら、非常に落ち込みますが、だからと言って、即、高額出費につながるわけではありません。

ぶっちゃけ、もともと持っていたものは、自力でまた購入できる可能性が高いと思います。

その意味で、私は、イタリア旅行中の携行品損害の保険は、あまり重要視していません。

疾病治療・傷害治療の方が、起こる可能性は低いとはいえ、万が一の場合の出費が高額になるので、こちらをベースに考えることをおすすめします。

携行品損害は現金は対象外

もうひとつ、付け加えておくと、携行品損害の保険は、多くの場合、現金は対象外です。

大金の入った財布をすられた場合、中に入っていた現金は補償されません。

それに対して、旅券(パスポート)は対象になるので、パスポートをなくした場合、再発行の手続きに使った費用は補償されます。

「賠償責任」は手厚くしておいた方がよい!

モディカの邸宅ホテル

「万が一の高額出費に備える」という考え方をベースにすると、イタリア旅行で、補償を手厚くしておいた方がよいもう一つの保険が、「賠償責任」です。

美術館の展示物や、ホテルの備品、レンタル用品を誤って破損してしまった場合に、支払われる保険です。

私は、ホテルの湯沸かしポットを壊してしまい、この保険で補償した経験がありますが、この程度なら、保険に入っていなくても、数千円の賠償で済みます。

イタリア旅行で怖いのは、何と言っても、美術館の展示品を破損してしまう事故。そうそう起こる事故ではありませんが、文字通りの万が一に備えておきたいです。

また、イタリアのホテルで水道を閉め忘れて、部屋を水浸しにして、数千万円の賠償を求められたという話も見たことがあります。

イタリアには、古くて由緒ある建物を改装したホテルもあり、そういったホテルの調度品をダメにしてしまうと、かなり高い金額の賠償を求められる可能性があります。

「賠償責任」の保証金は、1億円くらいの補償はあった方が安心です。

「手荷物遅延」「航空機遅延」の保険は必要?

ボローニャ空港

無料クレジットカードに、自動付帯(=そのカードを持ってさえいれば何もしなくても海外旅行の際に保険が適用されること)している海外旅行保険に、ほとんどついていないのが「手荷物遅延」と「航空機遅延」の保険です。

「手荷物遅延」は、飛行機に預けたスーツケース等の荷物の到着が遅れたり、行方不明になってしまった場合に、購入した身の回り品や衣類の金額が補償される保険です。

「航空機遅延」は、飛行機が遅延したために発生した、ホテル代・食事代や、予約のキャンセル料が補償されます。

こういった事態では、保険に入っていれば気が楽ではありますが、保険に入っていなくても、支払う金額は自腹で何とかなるレベルではあります。

「必須な」保険というよりは、「あれば嬉しい」保険です。

イタリア旅行で絶対必要な保険は治療系と賠償責任!

以上、結論としては、イタリア旅行に絶対に必要な保険は、高額なイタリアの医療費をカバーする疾病治療・傷害治療の保険と、賠償責任の保険です。

疾病治療・傷害治療は500万円以上、賠償責任は1億円以上の補償があると安心です。

補償の金額は理想ですが、少なくとも、何も保険に入らない状態でイタリア旅行に出かけるのは、リスキーです。

保険に入るお金を節約したいという場合は、手厚い海外旅行保険がつく、無料のクレジットカードだけでも作っておきましょう→海外旅行保険の値上げで無料の「エポスカード」を作りました

関連記事

イタリア旅行で最も注意すべきはスリ!実体験から傾向と対策を考える

ロストバゲージの準備と保険でロスバゲなんか恐くない!

イタリア旅行前に歯科で虫歯チェック・検診をするべき2つの理由!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.