イタリア旅行でタクシーを利用する際に、よく使うフレーズを一覧にしました。

今まで使ったことがない防犯用フレーズも、今後の自分が万が一使うことがあるかもしれないので、一緒にまとめました。

イタリアではタクシー運転手さんに英語が通じないことがあるので、イタリア現地でお役に立てれば幸いです!

イタリア語で「タクシー」は?

イタリア語でタクシーはtaxiまたはtassiとつづり、イタリア人の発音は「タッスィ」のように聞こえます。

タクシーを探す・呼ぶ

タクシーにはどこで乗れますか?

Da dove posso prendere un tassi?
ダ ドヴェ ポッソ プレンデレ ウン タッシィ?

イタリアでは流しのタクシーを拾う習慣はありません。

駅や広場などに正規のタクシー乗り場があるので、そこから乗りましょう。

タクシーを呼んでもらえますか?

Mi può chiamare un tassi?
ミ プオ キアマーレ ウン タッシィ?

タクシー乗り場が近くにない場合は、バールや観光インフォメーションでタクシーを呼んでもらいましょう。

バールで呼んでもらう場合は、何か注文するか、50セント程度のチップを払うのがおすすめです。

〇〇からタクシーに乗りたいのですが、すぐに来てもらえますか?

Vorrei prendere tassi da 〇〇. Può venire subito?
ヴォレイ プレンデレ タッシ ダ 〇〇.プオ ヴェニーレ スービト?

日曜日などで観光インフォメーションもバールも閉まっている時は、自力でタクシーを呼ばなければ…!

…と言っても小心者の私は自力で呼んだことがありませんっ!

もしもの時のために「これで通じるだろう」とメモってあるフレーズです。

タクシーに乗る前のフレーズ

〇〇に行きたいのですが

Vorrei andare a 〇〇.
ヴォレイ アンダーレ ア 〇〇

駅や有名観光地、サッカースタジアムなど、住所を言わなくても運転手さんがわかる場所に行きたい場合は、こちらが定番フレーズです。

この住所までお願いします

Questo indirizzo, per favore.
クエスト インディリッツォ ペルファヴォーレ

行き先の住所をメモしておいて、運転手さんに見せてこのフレーズを使うと便利です。

行き先が小さなホテルである場合は、この伝え方がスムーズ!

どのくらい時間がかかりますか?

Quanto tempo ci vuole?
クアント テンポ チ ヴオーレ

運賃はだいたいどのくらいですか?

Quanto costerà?
クアント コステラ

決まっている値段をズバリ尋ねる「Quanto costa(クアントコスタ)」に対し、アバウトな値段を尋ねる言い方がこちら。

このような聞き方をしてもなお、「わからない」「メーターが決める」と答えられる場合もありますが、その時は「Più o meno(ピュウ オ メノ)?」=「だいたいでいいから教えて!」とつけ加えましょう。

これだけはめんどくさがらずに聞いておいた方よいです!このやりとりをしておけば、タクシーのぼったくり被害のほとんどは防げます。

トランクを開けてもらえますか?

Può aprire il portabagagli?
プオ アプリーレ イル ポルタバガッリ

スーツケースがある場合はタクシーのトランクに入れますが、私はこのフレーズを口にしたことがありません。

イタリアでは運転手さんがあっという間にトランクを開けて、スーツケースを入れてくれます。

ただしこれは私が女性だから…の可能性はあるので、男性の方は覚えておいてもいいフレーズかも。

タクシーを降りる時のフレーズ

ここで降ろしてもらえますか?

Può farmi scendere qui?
プオ ファルミ シェンデレ クイ

クレジットカードで支払えますか?

Posso pagare con la carta di credito?
ポッソ パガーレ コン カルタ ディ クレーディト

(共通券を見せながら)これで値引きになりますか?

Mi può fare uno sconto con questo bigiletto?
ミ プオ ファーレ ウノ スコント コン クエスト ビギエット

観光の共通券・共通カードの中には、交通の割引が受けられるものがあります。

領収書をいただけますか?

Mi può dare la ricevuta?
ミ プオ ダーレ ラ リチェヴータ

タクシー乗車時の領収書は、こちらから声をかけないと渡されないことが多いです。

お釣りは取っておいてください

Tenga pure il resto.
テンガ プーレ イル レスト

イタリアのタクシー利用にチップは必須ではありませんが、タクシー支払い時にお釣りが少額の場合は、チップ代わりに渡すことはよくあります。

ありがとうございました。よい一日を

Grazie. Buona giornata.
グラーツィエ ブオナ ジョルナータ

タクシーを降りる時の定番あいさつです。

タクシー利用が夜の場合は、Buona serata(ブオナセラータ)「よい夜を!」という挨拶に変えましょう。

タクシーでのトラブルに使えるフレーズ

メーターを使っていただけますか?

Potrebbe usare il tassametro?
ポトレッベ ウザーレ イル タッサメトロ

イタリアのタクシー利用では、定額のコースや、州によってはメーターを使わないこともあります。

だからこそ乗車前に運賃を確認しておくことが大切!

とはいえ運賃のぼったくりに合わないためにも、メーターが動いていない時は尋ねてみましょう。

(運賃が)高すぎます!

È troppo costoso!
エ トロッポ コストーゾ

運賃がメーターの金額と違う、最初に確認した値段より高すぎる…などの疑問がある場合は、きちんと抗議しましょう!

このような場合は、「NO!」を強く連発するだけでもいいです。

ただし、レッチェなど本当にタクシー料金が高い町もあります。もめないように最初に運賃確認しておくことが大事!

あなたは(運賃は)〇〇ユーロだと言いましたよね?

Hai detto 〇〇 euro, no?
アイ デット 〇〇エウロ ノ

タクシーに乗る前にだいたいの金額を確認しておくと、こうやって理にかなった抗議ができます(西洋では論理的に正しい方が勝つ!)。

この場合は、最後の「no(ノ)」を強調するように語尾を上げて発音しましょう。

警察を呼びます

Chiamo la polizia.
キアーモ ラ ポリーツィア

タクシーのトラブルで最終手段のフレーズはこちら。

polizia(警察)が出てくると、ぼったくり運転手は引き下がることが多いそうです。

車内で騒ぐより、タクシーの外で周りに聞こえるように騒ぐ方が有効です!

まとめ

イタリア旅行でタクシーに乗るときに、役立つイタリア語フレーズでした

イタリア人はコミュニケーション上手な方が多く、細かい文法の間違いがあっても意思疎通できることが多いです。

おしゃべり好きな人も多いので、必要なことはどんどん質問しましょう!

タクシーのトラブルに関する例文も載せましたが、イタリア現地で使わなくて済むように、安全なタクシーの乗り方を予習しておきましょう!→イタリア旅行のタクシーの乗り方!ぼったくり被害防止の方法も!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi