イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

イタリアでのタクシーの乗り方 料金の相場は?チップは必要?

イタリア タクシー

私のような節約旅行派が、イタリア旅行でタクシーを使うことは少ないだろうと思っていましたが、いざイタリアに行ってみると、意外と使う機会が多いタクシー。

荷物が多い時の移動や、どうしても他に交通手段がない場合に、タクシーを使うことになります。

このページでは、イタリアでタクシー乗るときに役立つ情報をまとめてみました。

イタリアのタクシー代 相場・料金はどのくらい?

イタリアのタクシー

イタリアのタクシー代は、各都市ごとに規定があるため、タクシーを利用する都市によって異なります。

だいたいの相場としては、料金は€3~4からスタートし、1㎞走るごとに€1程度加算されていきます。また、かかった時間でも料金が加算され、メーターが計算していきます。

タクシー料金は、利用する日・時間帯によっても変動し、休日や深夜は高い料金が設定されていることもあります。

初乗り料金以外に、最低料金(Corsa minima)が設けられていることもあり、たとえばフィレンツェでは、どんなに短い距離であろうと、平日は最低でも€5が取られます。レッチェではこの最低料金が€10と高額で、ぼられているのかとちょっと疑いましたが、正式な料金でした。

他にもスーツケース代が、一つにつき€1加算されることも多いです。

このように、タクシー料金の計算は複雑なので、予想しづらい部分もあるのですが、目安としては、駅から中心街まで、歩いて10~20分くらいの距離をタクシーで行くなら、€10前後くらいのイメージです。

また、中心街と空港を結ぶタクシー料金が、定額制になっている都市もあります。

イタリアのタクシーはチップが必要?

最近イタリアでは、チップの習慣がなくなってきているように感じています。

非常に親切な対応を受けた時に、感謝の気持ちとしてチップを渡すか、お釣りの少額コインを受け取りたくない時に、「お釣りは結構です」と言ってチップ代わりにする程度で大丈夫です。

イタリアでのタクシーの乗り方

イタリアのタクシー

イタリアでは、日本のように、流しのタクシーを拾う習慣はありません。

空港や駅、大きな広場などに、オレンジ色に黒字で「TAXI」と書かれたタクシー乗り場の看板があり、そこからタクシーに乗ります。

タクシー乗り場以外からタクシーに乗りたい場合は、電話でタクシーを呼ぶ必要があります。

ホテルやレストランでは、スタッフにお願いすればタクシーを呼んでもらえます。

街角から乗りたい場合は、近くのバールなどのお店で、チップ(€0.5~1程度)を払って呼んでもらうこともできますが、バールではタクシーの電話番号がわからず、断られることもあります。

もし近くにある場合は、観光インフォメーションでタクシーを呼んでもらうのがおすすめです。正規タクシー、もしくは信頼できるサービス業者と連絡を取ってくれるので安心です。

往復でタクシーを使いたい場合、目的地でタクシーを探すのが難しそうだと感じたら、行く時に使ったタクシーの運転手さんに、帰りに迎えに来てもらうように約束をしておくと、確実です。

タクシーでぼったくり被害に遭わないための注意

イタリアのタクシー

ナポリやローマなど、大きな観光都市では、観光客がタクシーに法外な値段をふっかけられたという被害を聞くことがありますが、いくつかのことに気をつけると、タクシーでのぼったくり被害は防げます。

イタリアのタクシーは必ず正規のタクシー乗り場から乗ろう!

大きな観光都市の空港や駅では、正規のタクシー乗り場にたどり着く前に、「タクシー?タクシー?」と口にしながら、ドライバーが近寄ってくることがあります。

このように客引きしてくるドライバーは、正規に認可されていない、いわゆる「白タク」の可能性が高いです。

「白タク」の運転手は、都市で定めている法定料金を守らず、法外な値段を要求してきます。最悪の場合、危険な場所に連れて行かれることもあるそうです。

客引きしているドライバーは無視して、必ず正規のタクシー乗り場からタクシーに乗るようにしましょう。

タクシーに乗る前にだいたいの値段を聞こう!

正規認可されているタクシーに乗車すれば、あまりトラブルはないと思いますが、念のため、行き先を告げたら、乗る前にだいたいの金額を尋ねておきましょう。

「メーターが決めるからわからない」などと答えられてしまうことも多いですが、良心的なドライバーであれば、「だいたいでよいから教えて」と言えば、目安の金額を答えてくれます。

駅からホテルまでの移動であれば、事前にホテルにメールなどで、駅からタクシーで、いくらくらいかかるかを聞いておけば安心です。ドライバーに、あまりにもかけ離れた値段を言われたら、他のタクシーを利用しましょう。

また、「一人○○ユーロで合計××ユーロ」などという料金を言われたときは、そのタクシーを利用しない方が無難です。イタリアの正規タクシーでは、基本、人数に運賃を掛け算することはありません。(4人以上など、1台に乗車する人数が多い場合、€1程度加算されることはあります。)

メーターやタクシーの料金体系表に視線を向けよう

タクシーが発車したら、運転手がメーターを稼働させているかを目で確認しましょう。

もちろん見ても、メーターの計算の仕方はよくわからないのですが、「メーターをちゃんとチェックしている」という空気を出すことが重要です。

また、時々、車内に町のタクシー料金規定表が掲示されていることがあります。その表が目に入ったら、よくわからなくても、その料金表を見ているフリをすることは有効です。

南イタリアや小さな村でのタクシー利用について

イタリアのタクシー

大きな観光都市以外の町へ足を運ぶ場合、タクシーの数が少なく、タクシー利用が困難なことがあるので注意しましょう。

トスカーナ地方の山間部では、タクシーを探すことが難しく、ホテルや観光インフォメーションで、シャトルサービスを個人で行っている人を探してもらうこともありました。

こういった、ホテルやインフォメーションが呼んでくれるタクシーサービスは、正規タクシーではなくメーターがありませんでしたが、良心的な価格設定で、安心して使うことができました。

また、南イタリア、特にシチリア島では、メーターのないタクシーが多く、事前交渉が必要なことが多かったです。それでも、正規のタクシー乗り場に待機しているタクシーは、ほとんどが安心して使えました。

イタリアのタクシー運転手に英語は通じる?

イタリアの、観光地や大都市でタクシーを使う場合、だいたい英語は通じます。

観光客の多くない町のタクシー運転手には、英語があまり通じないことがありますが、金額など、片言の英語は通じるので、あまり心配はありません。

行き先など、上手に伝える自信がない場合は、目的地の名称や住所を控えておいて、運転手さんに示すとスムーズです。

「イタリアの鉄道・バスの乗り方」も合わせてどうぞ!


イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリア旅行の必需品

ヨーロッパはクレジットカード社会。イタリア旅行にも少なくとも2枚は持って行った方がよいです。こちらのサイトでは、「海外旅行に役立つ」という観点から、クレジットカードを比較できます。 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.