私のような節約旅行派が、イタリア旅行でタクシーを使うことは少ないだろうと思っていましたが、いざイタリアに行ってみると、意外と使う機会が多いタクシー。

荷物が多い時の移動や、どうしても他に交通手段がない場合に、タクシーを使うことになります。

イタリアのタクシー

このページでは、イタリアでのタクシーの乗り方についてまとめています。

さきにザックリとした結論を言うと、イタリアのタクシーは正しい場所から正規のタクシーに乗るのが基本です!

タクシーでのぼったくり被害を防ぐ方法も書いていますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

イタリアでは「タクシー乗り場から乗車」が基本

タクシー乗り場

イタリアでは、日本のように、流しのタクシーを拾う習慣はありません。

道端で空車っぽいタクシーに手を挙げても、停まってくれないので気をつけましょう。

空港や鉄道駅、大きな広場などに、オレンジ色に黒字で「TAXI」と書かれたタクシー乗り場の看板があり、このタクシー乗り場からタクシーに乗ります。

近くにタクシー乗り場がないときは?

トレントのバール

イタリアでタクシー乗り場以外からタクシーに乗りたい場合は、電話でタクシーを呼ぶ必要があります。

ホテルやレストランでは、スタッフにお願いすればタクシーを呼んでもらえます。

町中からタクシーに乗りたい場合は、近くのバールやタバッキなどのお店で、チップ(€0.5~1程度)を払って呼んでもらうことができます。

ですが、バールではタクシーの電話番号がわからず、断られることもあります。

イタリアの観光インフォメーション

もし近くにある場合は、観光インフォメーションでタクシーを呼んでもらうのがおすすめです。

観光インフォメーションでは、正規タクシー、もしくは信頼できるサービス業者と連絡を取ってくれるので安心です。

英語で「タクシーを呼んでください」は”Would you call a taxi?”
イタリア語では”Mi piò chiamare un taxi?”(ミ・プオ・キアマーレ・ウン・タクシィ?)

ホテルのフロントや観光インフォメーションでは英語が通じるから大丈夫!街角のバールやタバッキではイタリア語が必要になるかもしれません。

注意したいことがひとつ。イタリアでは日曜日にバールやタバッキなどのお店や、観光インフォメーションが閉まっていることが多いです。

日曜日は、町の中で気軽にタクシーを呼んでもらえないかもしれない可能性があることを、頭に入れておきましょう。

日曜日じゃなくて深夜の話だけど、私はサッカースタジアムの近くでどこのお店も開いていなくて、警察にタクシーを呼んでもらったことがあります。

往復でタクシーを使いたい場合は?

ピアッツァ・アルメリーナへの道

イタリア旅行中に往復でタクシーを使いたい時に、目的地が小さな町・村の場合や、帰りが深夜になる場合、目的地でタクシーを探すのが難しい可能性があります。

その場合は、行く時に使ったタクシーの運転手さんに、帰りに迎えに来てもらうように約束をしておくと確実です。

私は南イタリアのマテーラや、シチリア島のピアッツァ・アルメリーナでこの方法を使ったことがあります。

たいていは運転手さんが自分の連絡先が書いてあるカードをくれますが、時刻や待ち合わせ場所に誤解がないように、特に時刻は書いて手渡ししておくと安心です。

タクシーでぼったくり被害に遭わないための注意

イタリアのタクシー

さて、ここからは「イタリアのタクシーにぼられないための対策」編です。

ナポリやローマなど、大きな観光都市では、観光客がタクシーに法外な値段をふっかけられたという被害を聞くことがあります。

いくつかのことに気をつけておけと、イタリア旅行でのタクシーぼったくり被害は、確実に防げます!

正規のタクシー乗り場から乗るのは鉄則!

ローマのフィウミチーノ空港

大きな観光都市の空港や駅では、正規のタクシー乗り場にたどり着く前に、「タクシー?タクシー?」と口にしながら、ドライバーが近寄ってくることがあります。

私が客引きタクシーに遭遇したことがあるのは、ローマのフィウミチーノ空港・テルミニ駅、ミラノのマルペンサ空港、フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅、ナポリ中央駅です。

このように客引きしてくるドライバーは、正規に認可されていない、いわゆる「白タク」の可能性が高いです。

「白タク」の運転手は、都市で定めている法定料金を守らず、法外な値段を要求してきます。

最悪の場合、危険な場所に連れて行かれることもあるそうなので、絶対に「白タク」に乗ってはいけません!!!

イタリアでは、客引きしているドライバーは無視して、必ず正規のタクシー乗り場からタクシーに乗るようにしましょう。

正規のタクシー運転手は、タクシー乗り場に待機していて、そこから離れて客引きのような行動を取ることはありません。

タクシーに乗る前にだいたいの値段を聞こう!

ユーロ札

正規認可されているタクシーに乗車すれば、あまりトラブルはないですが、念のため、行き先を告げたら、乗る前にだいたいの金額を尋ねておきましょう

「メーターが決めるからわからない」などと答えられてしまうことも多いですが、良心的なドライバーであれば、「だいたいでよいから教えて」と言えば、目安の金額を答えてくれます。

【覚えておくと便利なイタリア語】
Quanto costera?(クアント・コステラ)=値段はいくらになりそうですか?
Più o meno(ピュウ・オ・メノ)=だいたい・おおよそ

駅からホテルまでの移動であれば、事前にホテルにメールなどで、駅からタクシーで、いくらくらいかかるかを聞いておけば安心です。

ドライバーに、あまりにもかけ離れた値段を言われたら、遠慮せずに交渉を打ち切って、他のタクシーを利用しましょう。

また、「一人○○ユーロで合計××ユーロ」などという料金を言われたときは、そのタクシーを利用しない方が無難です。

イタリアの正規タクシーでは、基本、人数に運賃を掛け算することはありません。(4人以上など、1台に乗車する人数が多い場合、€1程度加算されることはあります。)

メーターやタクシーの料金体系表に視線を向けよう

タクシーのメーター

タクシーが発車したら、運転手がメーターを稼働させているかを目で確認しましょう

もちろん見ても、メーターの計算の仕方はよくわからないのですが、「メーターをちゃんとチェックしている」という空気を出すことが重要です。

特例ですが、シチリア島、アルト・アディジェ県などは、自治州だからなのか、正規のタクシーでもメーター自体を備えていないことがあります。この場合メーターがなくても、正規のタクシーであれば安心して利用できました。

また、車内に町のタクシー料金規定表が掲示されていることがあります。

その表が目に入ったら、よくわからなくても、その料金表を見ているフリをすることは有効です。

イタリアの小都市でのタクシー利用について

イタリアのタクシー

イタリアでは、大きな観光都市以外の町へ足を運ぶ場合、タクシーの数が少なく、タクシー利用が困難なことがあるので注意しましょう。

特にトスカーナ州の山間部では、タクシーを探すことが難しく、ホテルや観光インフォメーションで、シャトルサービスを個人で行っている人を探してもらうこともありました。

こういった、ホテルやインフォメーションが呼んでくれるタクシーサービスは、正規タクシーではなくメーターがありませんでしたが、良心的な価格設定で、安心して使うことができました。

イタリアのタクシー運転手に英語は通じる?

英語

イタリアの観光地や大都市でタクシーを使う場合、だいたい英語は通じます

観光客の多くない町のタクシー運転手には、英語があまり通じないことがありますが、金額など、片言の英語は通じるので、あまり心配はありません。

イタリア人はコミュニケーション能力が高いのか、言語が通じてなくても、意図をくみ取ったり伝えたりするのが上手です。

行き先など、上手に伝える自信がない場合は、目的地の名称や住所を控えておいて、運転手さんに示すとスムーズです。

【覚えておくと便利なイタリア語】
”Questo indirizzo, per favore(クエスト・インディリッツォ・ペルファヴォーレ)”=「この住所までお願いします」

イタリアのタクシー料金の目安について

イタリアのタクシー料金の目安をサクッと説明したいのですが…ちょっと複雑で、簡単には説明できない感じ…。

そこで、別のページ「イタリアのタクシー【料金編】」にまとめましたので、よろしければあわせてご覧ください。

イタリアでのタクシー利用は怖くない!

イタリアでのタクシーの乗り方についてまとめました。

私はイタリアで50回くらいはタクシー利用してきましたが、今まで一度もぼったくり被害に遭ったり、不快な思いをしたことはありません。

イタリアのタクシー利用は「正規のタクシーを利用して値段を事前に確認する」という原則を守れば、普通に安心して利用できます。

「面倒だな…」と感じても、この原則をしっかり守って、イタリアのタクシーを楽しく利用してくださいね!

イタリアでは気さくでおしゃべりな、おもしろいタクシー運転手に出会えることもありますよ!

次のページイタリア旅行の買い物マナーとして覚えておきたいたった1つのこと!

関連記事

Trenitalia(トレニタリア)をオンライン予約する方法!

イタリアでの鉄道の乗り方マニュアル!電光掲示板の見方・刻印の仕方など

これで困らない(かも)!イタリア旅行でのバスの乗り方マニュアル

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi