フェラーラは、イタリア北部、エミリア・ロマーニャ州の町です。

エミリア・ロマーニャ州は、チーズのパルマ、バルサミコ酢のモデナ、ソーセージのボローニャと、美食国家イタリアの中でも、特にグルメの町が結集しているエリアです。

フェラーラも、エステ家に天才おかかえシェフ・メッシスブーゴがいたという歴史があり、フェラーラの郷土料理はよく知られています。

特に名高いのが、カボチャを使った料理。

カボチャを使った郷土料理がおいしいと評判の、「il Mandolino(イル・マンドリーノ)」に入店したので、グルメレポートしてみます!

il Mandolinoのメニューと値段

イタリアのメニュー

「il Mandolino」のメニューは、パスタやスープなどの「第一の皿(Primi Piatti)」は一律€9で、リーズナブルなお値段でした。

メニューの後ろに、カッコつきで「tipico」と書いてあるメニューが、フェラーラの郷土料理です。

また、カボチャはイタリア語で「zucca」です。カボチャ料理が食べたければ、「zucca」という単語が入ったメニューを選びましょう。

「il Mandolino」のメニューには、料理の写真が載せてあり、選びやすかったです。日本では、メニューに画像が載せてあるのは普通ですが、イタリアではめずらしいことです。

il Mandolinoの店内の雰囲気

フェラーラのレストラン

「il Mandolino」は、郷土料理を提供するカジュアルなレストラン「トラットリア」です。

お店のインテリアは、訪問客の写真や、絵がたくさん飾られていて、よい雰囲気が出ています。

地元の家族連れや観光客が多く、ドレスコードは厳しくありません。気軽な服装で入店できます。

支払いはテーブル席で行うのではなく、レジに行き、テーブル番号を告げて支払うというスタイルもカジュアルです。

il Mandolinoの料理・サービスをご紹介

お通しとパン

私はアルコールが苦手なので、ミネラルウォーターを頼みました。

イタリアのレストランの水

お水と一緒に、お通しのミニピザが出てきました。イタリアのレストランで、こういうお通しが出てくるのはめずらしいです。

イタリアのパンかご

パンはオーダーしなくても、サービス代に含まれる形で出てきます。自由に食べてOKです。

一番上のXの形をしたパンは、変わった形が有名な、フェラーラ名物のパンです。形はおもしろいですが、味は普通です(笑)。

フェラーラでは、パンをオリーブオイルに浸して食べる習慣がないのか、パンと一緒にオリーブオイルが出てきませんでした。

カボチャの包みパスタ

フェラーラ名物のカボチャ包みパスタをオーダーしました。

メニュー名は「Cappelacci del zucca burro e salvia」。バター(burro)と、セージ(salvia)で味つけされています。

パスタはプリっとしていて、あっさりした味つけが、パスタに包まれているカボチャのペーストとよく合っていました。

私はよりカボチャを味わいたくて、あっさり味を選びました。

濃い味つけが好きな人は、同じカボチャ包みパスタが、ミートソース(ラグーソース)で味つけされている「Cappelacci del zucca con ragu」にするとよいでしょう。

スープパスタ

フェラーラのレストラン

同行した姉は、メニューの写真を見て、「何かコレが美味しそう…」と言って、「Cappelacci di carne in brodo di Cappone」というスープパスタにしました。

こちらはカボチャではなく、ミート包みパスタですが、カボチャパスタと並ぶお店の看板メニューでした。

スープは野菜を煮込んで味を出しています。味見させてもらいまいしたが、体によさそうな味がしました。寒い季節には特におすすめ。

この料理もフェラーラの郷土料理だそうです。

パスタ1皿ずつでランチにはちょうどよかった!

パスタとお通しのパンでお腹いっぱいになったので、お肉料理はオーダーしませんでした。ランチだったし、このくらいの量でちょうどよいという感じでした。

フェラーラのレストラン

野菜が足りないと感じたので、つけ合わせのサラダを姉とシェアしました。€4.5。こちらもリーズナブルなお値段。モデナ産バルサミコ酢をつけて、おいしく頂きました。

il Mandolinoのコスパは?

フェラーラのレストラン

サービス代€2×2人分、ミネラルウォーター500mlが€1.5、パスタ€9×2皿、サラダ€4.5、食後のエスプレッソ€1.5×2人分で、女性二人のランチで合計€31でした。

こんなに美味しい、地元密着のランチを、このお値段で食べられれば文句なしです!

il Mandolinoの立地

フェラーラのレストラン

「il Mandolino」は、アーチがかかった中世風の通りヴォルテ通りの、一本南の大通りVia Carlo Mayrに正面入り口がありますが、ヴォルテ通り側にも入り口があって、ヴォルテ通りからでも入ることができます。

ヴォルテ通りは、フェラーラの観光名所のひとつです。

特に夜景の美しさは必見なので、il Mandolinoでディナーにして、食後にヴォルテ通りをそのまま歩いて観光するのもおすすめです。

フェラーラの夜景

美しいヴォルテ通りの夜景。タイムスリップしたような雰囲気です。

関連記事

フェラーラは宿泊観光すべき?私が宿泊したホテルの感想も!

フェラーラの風変わりな名物パン「コッピア・フェラネーゼ」歴史とお味!

フェラーラ銘菓「パンパパート」は歴史のあるチョコレート菓子!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi