フェラーラのトラットリア

フェラーラをお昼過ぎに歩いていると、大勢の人が並んでいて、ものすごく繁盛しているレストランを発見!

お店の名前を見てみると、CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2014年10月号 に掲載されていた、「Trattoria da Noemi」でした。

こんなに人気なら、ぜひ食べてみたいな…と気持ちが沸いてきて、その場で、その夜のディナーを予約。

しかし、人気すぎて予約枠がほとんどなく、夜10時からしか予約できませんでした。

かなりホテルに帰る時間が遅くなるけど、中心部の明るい通りにあるホテルだから大丈夫だろうと、思い切って予約しちゃいました!

その「Trattoria da Noemi」のグルメレポです!

「Trattoria da Noemi」のメニューと値段

「Trattoria da Noemi」は、郷土料理が看板メニューである「トラットリア」です。

メニュー選びは、ウェイターさんに相談して、フェラーラの郷土料理をオーダーするのがおすすめです。

イタリア語で郷土料理は「piatti tipici(ピアッティ・ティピチ)」です。

お値段は、前菜やプリモ(パスタなどの第一の皿)、セコンド(肉料理などの第二の皿)が、一品€8~15程度でした。

イタリアのレストランでは、平均くらいのお値段です。

「Trattoria da Noemi」の店内の雰囲気

「Trattoria da Noemi」は、とにかく人気店なので、店内は完全に満席でした。

お客さんの年齢層はさまざまでしたが、若い人たちのグループが多かったかなと感じました。

そのためか、店内はにぎやかで、カジュアルです。特別なドレスコードはありません。

「Trattoria da Noemi」でオーダーした料理をご紹介

サービスのパン

フェラーラのパン

こちらが、最初に出てきたサービスのパン。左の硬そうなパンが、フェラーラ名物のパン。

フェラーラパンは、固くて私の口には合わないパンなのですが、それ以外のパンはおいしかったです!さすが人気店というおいしさで、次に出てくるお料理をワクワクして待ちました。

前菜

フェラーラのレストラン

前菜はズッキーニの花のフライ(Fiori di zucca fritti)をオーダーしました。このお店の人気料理だそうです。

フェラーラのレストラン

モッツァレッラチーズが中に入っていて、とろりとしていて美味しい!

フライの生地も脂っこくなくて、パリッとしていました。

セコンド(第二の皿・肉料理)

夜10時と遅い時間の入店で、パンも出てきたため、もう主食類はいらないかなと、プリモ(第一の皿)は注文しませんでした。

もしプリモを食べるなら、フェラーラ名物のカボチャ包みパスタ「Cappellacci di zucca」をオーダーしたかったなあ。

セコンド(第二の皿・肉料理)は、ウェイターさんにフェラーラの郷土料理だとすすめられた、フェラーラ風サラミのマッシュポテト添え(Salamina da sugo ferrarese con purè)をオーダーしました。

フェラーラのレストラン

変わった見た目ですね!マッシュポテトの中に、サラミが味つけされたものが入っています。

このサラミが、少しピリッとしていましたが美味しかったです!手が込んだ、オシャレな味がしました。

マッシュポテトも、ていねいに裏ごしされていて、舌触りがよかったです。味つけが濃くなくて、サラミとよく合っていました。

つけ合わせのグリルサラダ

フェラーラのレストラン

こちらは、つけ合わせ(Contorni)野菜としてオーダーした、グリル野菜サラダ。€4と良心的なお値段でした。

「Trattoria da Noemi」の料理は、全体的にどこか洗練されていて、オシャレな感じでした。オシャレな旅雑誌CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2014年10月号 に掲載される理由がわかります。

素材を生かした伝統的な味というよりは、シェフの細かい工夫を感じる料理で、郷土料理なのにどこか新しい感じがしました。

「Trattoria da Noemi」のコスパは?

フェラーラのレストラン

前菜のズッキーニの花のフライ€8、セコンドのフェラーラ風サラミ€13、つけ合わせのグリル野菜が€4、ミネラルウォーターが€2、パン代を含めたサービス料が€2.5×二人分で、女性二人の少なめディナーで、合計€32でした。

少なめとはいえ、ディナーがこの値段で食べられて、リーズナブルなお値段です。コスパは大満足でした。

「Trattoria da Noemi」のサービスは?

「Trattoria da Noemi」は、ウェイターさんたちはやさしかったですが、一つだけ不満があったのは、会計が遅かったこと。

イタリアのレストランではよくあることで、逆に、頼まれてからすぐに会計するのは、あまり粋なサービスでないという雰囲気すらあります。

しかし、それを踏まえても、あまりにも会計を頼んでから、お金を取りに来るのが遅すぎました。10~15分経っても会計に来てもらえなかったので、再度お願いしました。

満席でウェイターさんが忙しかったというのはあると思いますが、イタリアはスローフード文化とはいえ、ちょっと時間がかかりすぎだと感じました。

入店する際は、後の予定に余裕を持たせておいた方がよさそうです。

「Trattoria da Noemi」の立地

「Trattoria da Noemi」は、ヴォルテ通りのすぐ北の方にあります。

カテドラーレもすぐそこです。フェラーラの中心部に近いため、夜でも周囲の雰囲気は明るく、夜の入店でも、不安を感じるエリアではありません。

「Trattoria da Noemi」は予約必須!

「Trattoria da Noemi」は、昼も夜も大混雑する人気店です。

飛び込みでは入店できない可能性もありますので、予約がおすすめです。

観光途中に立ち寄って、お店で直接予約をするか、ホテルのフロントに頼んで、電話で予約を取ってもらいましょう。

関連記事

フェラーラは宿泊観光すべき?私が宿泊したホテルの感想も!

フェラーラのおすすめレストランil Mandolinoでカボチャ料理を!

フェラーラ銘菓「パンパパート」は歴史のあるチョコレート菓子!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi