イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

レッチェ1日観光のモデルコース!見どころを効率的に回ろう

  • HOME »
  • レッチェ »
  • レッチェ1日観光のモデルコース!見どころを効率的に回ろう

レッチェは、半径数100m程度の、小さな旧市街の中に、美しいバロック教会や、邸宅がぎっしりと詰まっている町です。

町自体はそれほど広くありませんが、足を止めて見学したくなる美しい建築物が多すぎて、町歩きには、想定以上に時間がかかります。

レッチェ観光は、1~2泊して、丸2日はレッチェを歩くのが、ちょうどよい所要時間だと思います。

とは言っても、半日観光、もしくは1日観光しか時間が取れない方もいると思います。

レッチェを半日~1日で、効率的に歩くための、モデルコースを作ってみましたので、ご紹介します。

半日~1日でレッチェを歩くモデルコース

ルディエ門
ルディエ門

ルディエ門から観光をスタートしましょう。日帰りの場合も、ルディエ門は鉄道駅から近いので、観光を始めやすいです。

リベルティーニ通り(Via Libertini)
レッチェ

ルディエ門からドゥオモ広場へと続く、ロザリオ教会、サンタ・アンナ教会、サンタ・テレーザ教会と、レッチェ・バロックの教会が立ち並ぶ、レッチェのメインストリートを歩きましょう。

ドゥオモ広場
レッチェのドゥオモ

リベルティーニ通りから右に入り、ドゥオモ広場を見学。

サンティレーネ教会
レッチェ

ドゥオモ広場からサントロンツォ広場に行く途中にある、レッチェを代表する教会のひとつ、サンティレーネ教会を見学。

サントロンツォ広場
レッチェ

レッチェの中心サントロンツォ広場へ。ローマ時代の円形闘技場跡や、ローマ時代の円柱を鑑賞しましょう。カフェやレストランも多いので、ここで一息いれてもよいでしょう。

サンタクローチェ聖堂
レッチェ

レッチェ・バロックの最大の見せ場!サンタクローチェ聖堂を鑑賞しましょう。

ナポリ門
レッチェ

大きなクーポラ(丸屋根)が印象的な教会が隣にあるナポリ門へ。

サンティ・ニコロ・エ・カタルド教会
レッチェ

時間がある場合は、ナポリ門を出て、城壁外の墓地の中にあるサンティ・ニコロ・エ・カタルド教会へ。素敵な教会なのですが、唯一城壁の外にある見どころなので、時間がない場合は泣く泣くスキップしましょう。

パルミエーレ通り
レッチェ

ナポリ門からドゥオモ広場へと続くパルミエーレ通りは、小さくも美しいレッチェ・バロックの建築物が目白押しです。特にマレーゼ邸は必見!

サンタ・キアーラ教会、サン・マッテオ教会
レッチェ

この時点でまだ時間があれば、サンタ・キアーラ教会→サン・マッテオ教会→サン・ビアッジョ門と足を延ばしてみましょう。

カルミネ教会
レッチェ

最後に駅に続くカイローリ通りから近いカルミネ教会に立ち寄りましょう。日帰りの場合は、このまま駅へと帰ります。

レッチェのバロック教会は、内装より外観重視で!

レッチェ

レッチェのバロック教会は、お昼休みを長く取る教会もあり、訪れるタイミングによっては、中に入れないことがあります。

ですが、レッチェのバロック教会は、内部より、外部の美しさの方が際立っています。

内部入場はできるに越したことはありませんが、あまりこだわらなくてよいです。

レッチェのバールのトイレには紙がない!?

レッチェは、入場観光する博物館などがないため、トイレ休憩にバールを使うことになります。

レッチェの旧市街内にはたくさんバールやカフェがあり、探すのに苦労はありません。

ただし、たまたまかもしれませんが、私が入った3つのバール、全てトイレットペーパーの用意がありませんでした。

念のため、ポケットティッシュを持ち歩くことをおすすめします。

関連記事

レッチェのホテルの選び方!おすすめのエリアと宿泊したB&Bをご紹介

レッチェの穴場スポットを紹介!あの美女はどこにいるの?

レッチェ観光基本情報!「南イタリアのフィレンツェ」の意味は?

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.