イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

レッチェ観光基本情報!「南イタリアのフィレンツェ」の意味は?

  • HOME »
  • レッチェ »
  • レッチェ観光基本情報!「南イタリアのフィレンツェ」の意味は?

 レッチェとはどんな町?

レッチェ

レッチェ(Lecce)は、南イタリアのプーリア州にある町です。

美しい教会や邸宅が立ち並ぶ、町の景観が有名な観光都市で、レッチェは「南イタリアのフィレンツェ」という異名を持ちます。

「フィレンツェ」と言われると、ルネサンス的な町並みなのかと思ってしまいますが、レッチェの町を彩っているのは、バロック建築です。

レッチェの町は、16世紀のスペイン支配時代に、プーリアの首都として栄えました。

この時代に、レッチェ近郊で取れる、加工しやすい石灰岩を利用して、はちみつ色の壮麗なバロック建築が数多く作られました。

現在でも、レッチェの旧市街を歩くと、独特のはちみつ色をした壮麗な教会やお屋敷が、次々と登場します。

また、レッチェは南イタリアでは珍しく、洗練された、都会的な雰囲気もあわせ持っていて、日本人観光客にとって滞在しやすい町でもあります。

 レッチェの場所・位置は?

レッチェは、イタリア南部プーリア州の中でも南の方にある町です。

近くの観光都市としては、同じプーリア州内に、とんがり屋根住居で知られるアルベロベッロがあります。

レッチェへのアクセス方法の詳しい記事はこちらへ→レッチェへの行き方!アルベロベッロやナポリからのアクセス方法

 レッチェ風バロックの特徴は?

レッチェ

レッチェのバロック建築は、レッチェ風バロック(barocco leccese)という呼び方があるほど、他の町のバロック建築とは雰囲気が違います。

「バロック」という言葉は、ポルトガル語の「ゆがんだ真珠」を意味する「balocco」が語源と言われ、16~17世紀の、派手すぎてゴテゴテしている芸術を、否定的にとらえた言い方だと言われています

(ちなみに私は、バロック芸術は嫌いではないです。)

バロック芸術には、プロテスタントの興隆に対抗して、カトリックが教会の権威を増すために、教会を豪華絢爛に飾ったという側面があります。

確かにイタリアでも、装飾過多だと感じるバロック教会を見ることがあります。

ですが、レッチェのバロックは、装飾は多いですが、どこか洗練されたエレガントさがあります。

レッチェ近郊で取れる凝灰岩を使って作られた建物は、淡い黄色・はちみつ色をしていて、その独特の色合いが、どこか品を感じさせるのかもしれません。

バロック芸術はあまり好きでないという人でも、レッチェ・バロックは良かった!という感想を持つことが多いようです。

 レッチェ観光に必要な所要時間は?

レッチェ

レッチェに実際に行くまでは、私のイメージとしては「レッチェは半日ほどで回れる小さな町」でした。

しかし、足を運んでみると、レッチェは想像していたよりもずっと都会的な雰囲気で、町の中心、サントロンツォ広場周辺は、夕刻からショッピングにいそしむ地元の人たちで賑わいます。

また、旧市街の大きさ自体は、直径1㎞ないくらいですが、とにかく足を止めたくなる教会やお屋敷が多く、入り組んだ小さな路地もあり、町歩きには町の広さ以上に時間がかかります。

レッチェ観光に必要な所要時間としては、宿泊しての丸一日観光をおすすめします。

アルベロベッロからの日帰りでは、実際に観光できる時間は数時間になってしまう可能性が高いので、バタバタ観光になってしまいます。

レッチェ・バロックの建物に使われている凝灰岩は、日の当たり具合によって黄色~ピンクベージュ色に変化します。その変化を楽しむためにも、丸一日滞在しましょう!

 レッチェの治安は夜に歩いても大丈夫?

レッチェ

レッチェは南イタリアの都市なので、治安は大丈夫?と不安になるかもしれません。

南イタリアと言っても、イタリア南部が一律に治安が悪いわけではありません。

ナポリやバーリなどの大都市、逆にほとんど住民がいない町などは危険なエリアもありますが、レッチェのような観光化された中堅都市は、北部・中部イタリアと同じくらい安全です。

レッチェは夜遅くまで開いているお店も多く、暗くなってからも、メインストリートの人通りが多いです。

レッチェ・バロックは、ライトアップも美しいので、ぜひ夜の散歩も楽しんでみてください。

ただし、あまりにも遅い時間帯の外出や、人が少なくて暗い路地は、治安のよいレッチェとは言え、念のため避けましょう。

 レッチェ観光のおすすめ本・ガイドブック


A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2017~2018

地球の歩き方の南イタリア版に、レッチェは6ページ使ってしっかり紹介されています。購入の際は最新版かどうか確認を!


南イタリア・プーリアへの旅―青い空と白い迷宮を訪ねて (SHOTOR TRAVEL)

地球の歩き方だけでは物足りない!という方には、読み物系のこちらのガイドブックもおすすめ。読み物とはいえ、写真が美しいのが特徴です。地球の歩き方より、こちらの写真を見て、レッチェに行きたくなるかもしれません。

 レッチェはツアーで行ける?

レッチェは、訪問した観光客の満足度が高い町ということもあり、南イタリアを周遊するツアーで、アルベロベッロからレッチェまで行くツアーを見かけます。

個人でアルベロベッロからレッチェに行くには、難易度の高いスド・エスト鉄道を乗りこなす必要があるため、ツアーバスで行けると便利です。

JTB
H.I.S.
日本旅行
JALパック
近畿日本ツーリスト 海外ツアー

なかなか気に入ったツアーが見つからないという場合は、イタリア専門旅行会社に、オーダーメイド型のツアーについて無料で問い合わせができるタウンライフ旅さがしの利用が便利です。

関連記事

レッチェのホテルの選び方!おすすめのエリアと宿泊したB&Bをご紹介

レッチェ1日観光のモデルコース!見どころを効率的に回ろう

レッチェの見逃せないバロック教会5選と隠れた美しい教会たち!

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.