イタリアの駅

南イタリア・プーリア州の、さらに南の方にある町レッチェ。

イタリア半島の南東の端近くにあるため、他の町から足を運ぶのには時間がかかります。

ですが、レッチェには鉄道が通っていて、レッチェ駅には特急電車が停まるため、「時間がかかる」だけで、アクセス自体はそれほど難しくありません。

レッチェ駅には2つの路線が入っていることに注意!

レッチェ

トレニタリアとスド・エスト鉄道

イタリアの鉄道路線は、大半をトレニタリア(Trenitalia、FSとも呼ばれる)が占めていますが、レッチェ駅にはトレニタリアだけでなく、スド・エスト鉄道というローカル線も乗り入れています。

スド・エスト鉄道は2016年にトレニタリアのグループに入りましたが、現在でも別路線として運行しています。

レッチェに行く場合は、使う電車がトレニタリアなのか、スド・エスト鉄道なのか、間違えないようにしましょう。

レッチェ駅でのスド・エスト鉄道の切符売り場は?

レッチェでは、トレニタリアとスド・エスト鉄道の駅は分かれていません。スド・エスト鉄道が、トレニタリアのレッチェ駅に乗り入れている形になっています。

スド・エスト鉄道は、現在トレニタリアのグループに入っているので、そのうちトレニタリアの切符売り場でもスド・エスト鉄道の切符が買えるようになるかもしれませんが、2017年には、スド・エスト鉄道の切符は、トレニタリアの切符売り場で扱っていませんでした。

エディコラ

レッチェ駅でスド・エスト鉄道の切符が購入できたのは、駅構内のこちらのエディコラ(新聞売店)です。

切符の刻印は、トレニタリアの刻印機を共通で使います。

レッチェ駅でのスド・エスト線のホームは?

スド・エスト鉄道の電車は、レッチェ駅の奥の方、6、7番ホームからの発車になることが多いです。

6、7番ホームに行くには、地下通路を使って、まず5番ホームまで行きます。5番ホームからは、地上を移動して6、7番ホームへ行けます。

レッチェ駅

このような表示もあり、それほど迷う心配はありません。

アルベロベッロからレッチェへの行き方

アルベロベッロ駅

とんがり屋根住居で有名な、アルベロベッロからレッチェに行くには、スド・エスト鉄道を使います。

プーリア州内の移動で、乗り換えもマルティーナ・フランカで1回なので、近く感じるのですが、乗り換え時間も含めると、片道3時間~3時間半もかかります。運賃は€8.4。

スド・エスト鉄道は、いろいろと観光客が乗りこなすのは難しい路線です。詳しくはこちらの記事をご参照くださいませ→スド・エスト鉄道攻略法!時刻表検索も解説

バーリからレッチェへのアクセス

バーリ

バーリからレッチェに行くには、トレニタリアを使います。スド・エスト鉄道でも行けますが、トレニタリアの方が早いです。

所要時間1時間半~2時間程度で、運賃は€10.5。

特急電車を使えば、1時間20分程度ですが、所要時間はあまり変わらないのに、運賃は€5程度高くなるので、各駅停車(Regionale)の利用がリーズナブルです。

ナポリからレッチェへのアクセス

南イタリアの大都市といえばナポリ。

ナポリからレッチェへのアクセスは、ティレニア海側からアドリア海側への、イタリア半島を東西に横切る移動になります。

南イタリアでは、この横切る形の移動は、地図で見るよりも時間がかかります。

鉄道(トレニタリア)を使うと、一番早い電車だと、カゼルタでの1回乗り換えで、5時間半前後です。

長距離バスだと、直通のmiccolis社のバスで、6時間程度かかります→miccolis社のサイト

ローマからレッチェへの行き方

ティレニア海側からレッチェに鉄道を使って行くなら、実はナポリよりローマからの方が行きやすいです。

ローマからは、レッチェまで行く直通のFrecciargentoが1日に3本あり、所要時間は5時間半程度です。

レッチェ駅からレッチェ旧市街までは徒歩で!

レッチェ

レッチェ駅からレッチェの旧市街までは、歩いて数百メートル程度なので、歩いて行けます。

私はスーツケースがあったのと、やや風邪気味だったため駅からホテルまでタクシーを利用しましたが、レッチェのタクシーは、初乗り料金が€10と割高でした。

関連記事

レッチェ1日観光のモデルコース!見どころを効率的に回ろう

レッチェの見逃せないバロック教会5選と隠れた美しい教会たち!

レッチェ観光基本情報!「南イタリアのフィレンツェ」の意味は?

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi