イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

『最後の晩餐』を見るぞ!電話orネットで自力予約。予約代行という手も!

  • HOME »
  • ミラノ »
  • 『最後の晩餐』を見るぞ!電話orネットで自力予約。予約代行という手も!

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』は完全予約制!

ミラノ 最後の晩餐

「世界で最も有名な絵選手権」みたいなものがあったら、優勝候補の一つに挙げられるであろう絵が、ミラノにはあります。

それは、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の『最後の晩餐』です。

ルネサンス期の万能の天才と言われるレオナルド・ダ・ヴィンチは、画家としては筆が遅いことで知られています。現在、着色されて、完成品として残されている絵画は、世界中に十数点しか残っていません。しかも、その中には、レオナルド・ダ・ヴィンチの真作かどうか議論されている作品もあります。

そんな中、誰もがレオナルド・ダ・ヴィンチの真作で、しかも代表作だと認めるのが、ルーブル美術館にある『モナリザ』と、この『最後の晩餐』です。

『モナリザ』は、何と1970年代に来日し、東京の上野で展覧会が開かれたことがあるそうです。

しかし、『最後の晩餐』が日本に来るのは、事実上不可能です。というのも、『最後の晩餐』は、食堂の壁に描かれた壁画なので、持ち出すことができないのです。

そのため、『最後の晩餐』を鑑賞するためには、何が何でもミラノまで行かなければなりません。

世界の至宝ともいえるこの作品は、保存状態が悪かったことで有名で、何度も修復を施されていますが、現在でも、作品保護のために、厳重な管理下に置かれています。

見学は完全予約制で、鑑賞できる人数も時間も制限があるため、ややハードルの高い観光地だと言えます。

『最後の晩餐』を予約する方法は?

『最後の晩餐』は、2006年の映画「ダ・ヴィンチ・コード」のヒット以来、非常に予約を取りづらい状況が続いています。最近では少しは取りやすくなってきたらしいですが、それでも早めの予約が無難です。

一度に入場できる人数が25人と限られていることもあり、パックツアーに『最後の晩餐』の鑑賞が含まれていることはほとんどありません。

そのため、イタリアにパックツアーで行こうが、個人旅行で行こうが、『最後の晩餐』を見るためには、何らかの方法で予約を取る必要があります。

予約の方法は、大きく分けて、「ネット予約」「電話予約」「予約代行」の3つになります。

『最後の晩餐』をネット予約する

パソコン

自力での予約で、最も簡単なのは、公式サイトからネット予約する方法です。

しかし、この方法には問題があります。

『最後の晩餐』のネット予約には、なぜだか「ネット予約枠」のようなものが設けられていて、その枠が非常に小さいのです。そのため、ネット予約は、あっという間に予約が埋まってしまいます。

私が電話で予約を取った2009年もこのような状況で、いずれ電話予約よりネット予約が主流になるだろうと思っていたのですが、状況はあまり変わっていないようです。

不思議ですよねえ。オンライン予約を主流にした方が、『最後の晩餐』側の方も楽だと思うのですが…。

注意したいのは、ネットで予約が埋まっていたからといって、25人枠がすべて埋まっているとは限らないので、ここで諦めないようにしましょう。

 

『最後の晩餐』を電話予約する

電話

鑑賞したい日時のネット予約が埋まっていた場合は、電話予約に切り替えましょう。

コールセンターに電話をかけ、英語かイタリア語で予約を取ることができます。

「えっ?英語かイタリア語なんて無理!」と、思うかもしれませんが、コールセンターの人は、英語がネイティブでない人からの予約電話に慣れているので、尻込みする必要はありません。

私は、「英語力に全く自信がない」ということに自信がありますが、そんな私でも、何とか予約をゲットできましたよ!

流れとしては、予約したい日時と人数を伝える→名前を伝える→クレジットカードの番号とセキュリティコードを伝える→メールアドレスを伝える→予約番号をもらう…というような感じです。

とにもかくにも、予約番号(コード)さえゲットしてしまえばこっちのものです!

オペレーターに伝えなければならないことがいくつかあるので、手元にメモとして置いておけば、スムーズに会話を進められます。モデルの英文をあらかじめ作っておくのもおすすめです。

すごく運が良ければ、日本人のオペレーターが電話に出ることもあるらしいので、最初に自分が日本人であることを伝えましょう。

 2017年に電話予約を取った方から情報を頂きました。オペレーターが日本語で電話に出て、日本語で簡単に予約が取れたようです。日本語を話せるスタッフが増えた可能性もあります。

オペレーターに伝えなければならないことリスト

訪問する日・時間
人数
名前(スペルを聞かれることも)
クレジットカードの番号・有効期限・セキュリティコード
メールアドレス(口頭で伝えやすい、短いフリーメールのアドレスを作っておくと楽)

オペレーターから聞き取らなければならないこと

予約番号

役に立つかもしれない英文

I’d like to make a reservation for March first, for two people.
(私は3月1日に二人分の予約を取りたいです。)

If possible,in the morning.
(できれば午前中にお願いします)

知っておくと便利かもしれない英単語

expiration date
(有効期限)

Card Verification Value
(セキュリティコード。頭文字でCVVと略されたり、そのままsecurity codeと呼ばれることもある)

reservation number/confirmation number
(予約番号。私が電話したときはreservation codeと言われたような気がするが)

確認のメールが送られてこない場合はどうしよう?

電話での予約は、メールアドレスを口頭で伝えるためか、予約確認のメールが送られてこないことがよくあります。私も、メールアドレスが長すぎて、途中で伝え間違いがあったのか、メールは来ませんでした。

ですが、確認メールが届かなくても、予約番号さえ控えておけば、『最後の晩餐』の鑑賞はできますので、あまり心配しなくて大丈夫です。

フィフティーン/フィフティは聞き取りづらいけど、50分という予約時間はない!

英語で電話予約して、予約できた時間を聞き取る場合、15分(フィフティーン)と50分(フィフティ)は、聞き分けるのが難しいです。

ですが、最後の晩餐は15分刻みで予約を取るため、50分という時間はありません。フィフティー的な音が聞こえたら、間違いなく15分です。

私が実際に電話をかけた時のやり取りを書いた記事

 

電話予約の電話番号:+39 02 92800360
(何度もかけないとつながらないこともあります)
営業時間は現地時間で8:15~18:45。日本時間だとだいたい夕方5時~深夜2時あたり

 

『最後の晩餐』の予約代行を利用する

ミラノ

ネット予約や電話予約の自信がない…という場合は、手数料がかかりますが、オプショナルツアーを販売している会社の、『最後の晩餐』予約代行を利用しましょう。

もしパックツアーの自由時間を利用して、『最後の晩餐』を見たいという場合は、ツアー会社に相談すれば、予約代行してもらえることもあります。

ミラノで宿泊するホテルに予約代行をお願いする手段もあると思いますが、『最後の晩餐』の予約は取りづらいため、予約代行を行っていていないホテルがほとんどです。もし予約代行を引き受けてもらえても、それなりの手数料を取られる可能性が高いと思います。

『最後の晩餐』の予約代行を扱っているサイト
ベルトラ

 

朝一番の予約は避けた方がよいかも?

『最後の晩餐』の朝一番の予約時間は、8時15分です。

私は、他に選択肢がなく、この朝一番の時間に予約しましたが、受付窓口も8時15分ジャストに開きました。

何が言いたいかというと、8時15分~30分までの15分間の見学なのに、その15分の中に受付時間まで含まれてしまったため、15分たっぷり鑑賞することはできなかったです。

朝一番以外の時間であれば、予約時間前に受付を済ませることが可能だと思いますので、できれば朝一番の予約は避けた方がよいかもしれません。

『最後の晩餐』見学当日の注意点

30分前には到着するようにしよう!

ミラノ

『最後の晩餐』は、予約した時に、予約日時の20分前に集合するように言われます。

時間にルーズなイタリアのくせに、このルールは厳しくて、遅刻すると、中に入れてもらえないこともあるそうです。

『最後の晩餐』のあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会には、地下鉄かトラムを使っていく人が多いと思いますが、地下鉄の駅からの行き方は少々わかりづらいです。トラムは教会の目の前まで行きますが、こちらは乗り方がわかりにくいです。

どちらかといえば、まだ地下鉄で行く方がわかりやすいかと思いますが、いずれにせよ、教会まで行くのに迷子になる人もいますので(それは私のこと)、早めに、30分前には着くような気持ちでいることをおすすめします。

教会と『最後の晩餐』の入り口は別!

ミラノ

『最後の晩餐』を所蔵しているサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は、教会自体もルネサンス様式の、美しい教会です。『最後の晩餐』を鑑賞に行くときは、教会の見学もおすすめします。

このサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は、丸い屋根が印象的ですが、『最後の晩餐』は、この丸屋根のある教会内にはありません。教会の左手にある、別の建物の中にあります。

『最後の晩餐』を探して教会内をさまよっているうちに、予約の時間に遅れてしまうなんてことがないように、注意してください!私は、教会の中をウロウロしていたら、神父さんに「『最後の晩餐』はこちらですよ」と、連れて行ってもらいました。

『最後の晩餐』あれこれミニ情報

写真撮影ができるようになったらしい!

イタリアでは、芸術作品の写真撮影解禁の流れが進んでいますが、何と、『最後の晩餐』も撮影可になったそうです!ただし、フレスコ画なので、フラッシュは禁止です。

ただ、『最後の晩餐』は、厳しく保護されている作品のため、また撮影禁止になる可能性もあると思います。現地で確認してください。

レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』はイタリア語で『Cenacolo』

イエスが、12人の弟子と食事を取り、その最中に「この中に裏切り者がいるぜ!」と衝撃の事実を告げる「最後の晩餐」というテーマは、西洋美術では多く描かれた主題です。

数多くの画家が描いた「最後の晩餐」作品の中で、世界で一番有名なのが、このレオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』です。

イタリア語で「最後の晩餐」は、「Ultima Cena」です。しかし、このレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』だけは特別扱いで、「Ultima Cena」と呼ばず、「Cenacolo」もしくは「Cenacolo Vinciano」と呼びます。

無理に日本語訳すると、「Ultima Cena」が「最後の晩餐」、「Cenacolo Vinciano」が「ヴィンチの描いた最後の晩餐画」みたいな感じです。

日本語では、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたものも、他の画家が描いたものも「最後の晩餐」と呼ぶので、この微妙なニュアンスの違いはわからづらいですね。

『最後の晩餐』
イタリア語:Cenacolo Vinciano
公式予約サイト:vivaticket
日本語で予約できるサイト:ベルトラ
旅行記:2009年
イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.