イタリアの都市や小さな町は、町というよりまるで小さな国という感じで、町ごとに個性が違い、名物グルメもそれぞれの町ごとに違います。

ですが、シチリア島(シチリア州)は、他の州に比べると、シチリア全体で共通している名物グルメが多いです。

その中でも、伝統菓子の美味しさは絶品です!

このページでは、「シチリア島に行ったら、ぜひぜひ食べておかなくちゃ!」の、シチリアン・スイーツを紹介しますっ!

カンノーリ

カンノーリ

まずはコチラ!カンノーリ(Cannoli)!単数形だとカンノーロ(Cannolo)となります。

パリパリの揚げた薄い生地で、リコッタチーズを巻いた、細長いお菓子です。

アーモンドやピスタチオなどのナッツ類が、トッピングされていることが多いです。

リコッタチーズクリームに、レモンやオレンジ、ピスタチオなど、シチリア名物の食材で、味付けされているものもあります。

シラクーサのカンノーリ

こちらはレモン味のカンノーリ。

チーズを使っているためか、あまり甘すぎず、日本人の口にもよく合うお菓子です。

恐いのは、甘すぎないため、いくらでも食べすぎてしまうことですっ!

シチリアのどこのバールでも置いてありますが、生地だけ用意されていて、注文を受けてから中身を詰めるお店のものが美味しかったです!

また、揚げていない記事を使用したカンノーリを作っているお店もありました。

カターニアのお菓子やさん

奥の小さなカンノーリは、ノンフライのカンノーリです。

カンノーリは、非常に有名なお菓子なので、シチリア以外のイタリアのお菓子屋さんでも見かけますが、本場はシチリアです。

カッサータ

カッサータ

カッサータ(Cassata)は、カンノーリと並ぶ、シチリアの2大スイーツです。

糖衣でコーティングされたリコッタチーズクリームに、砂糖漬けフルーツや、スポンジ生地、チョコレートなどを混ぜたケーキです。

カロリーが非常に高いため、メタボ体型の方が「カッサータ」と呼ばれているのを、イタリアの小説の中で見たことがあります。

味はお店によってマチマチですが、カンノーリより甘いです。姉は、甘すぎると言っていました。

甘党の私は、基本的には好きでしたが、お店によっては、甘すぎて食べきれない場合もありました。

甘すぎて食べられないかも…というカッサータ。それでも、シチリアに言ったからには食べてみたいと言う方には、ミニサイズのカッサータがおすすめ。

小さいカッサータ

ちびカッサータは、普通サイズのカッサータとは、全然見た目が似ていません。

たいてい、緑色の糖衣でコーティングされていて、まるくて、真ん中に砂糖漬けフルーツがひとつ、ポンっと載っています。

小さいカッサータは、カッサータ(Cassata)に、日本語で「ちゃん」みたいなニュアンスの接尾語「-ina」がついて、「Cassatina(カッサティーナ)」と呼ばれます。日本語訳すると、カッサータちゃん。

フルッタ ・マルトラーナ

フルッタ・マルトラーナ

フルッタ・マルトラーナ(Frutta martorana)は、マジパンで作られた、果物や野菜など、本物そっくりに作っているお菓子。

画像はきのこの形のフルッタ・マルトラーナです。とにかく可愛らしいっ!

…ただし、味はマジパンだろうと思ったため、カンノーリやカッサータを食べまくった結果、こちらを食べる機会はありませんでした。

実際は、見た目がかわいいだけでなく、味も結構美味しいそうですよ!

グラニータ

グラニータ

グラニータは(Granita)氷菓子で、かき氷とシャーベットの中間のような食感です。

アラブ支配時代のシチリアで生まれたお菓子です。夏は猛暑となるシチリアで、いかにも好まれそうな氷菓子です。

レモン、オレンジ味などが主流ですが、シチリア名産のアーモンド味も有名です。

私のシチリア旅行中は寒い日が多く、なかなか食べる機会がなかったのですが、シラクーサで天気の良い日にようやく食べることができました。

感想は…うーん、氷菓子だねって感じ。

ただ、私はシャーベットよりもアイスクリームの方が好きなので、好みの問題もあると思います。暑い夏の日に食べると、感動も違うかもしれません。

ブリオッシュ挟みジェラート

パレルモのジェラテリア

ジェラートは、どの町にもありますが、シチリアでは、ジェラートをブリオッシュに挟んで食べるのが特徴的です。

何と、朝食代わりに、ジェラート挟みブリオッシュを食べる人もいるそうです。

ジェラート屋さんで、ブリオッシュも用意されていたら、チャレンジしてみましょう!

ちなみに、私はパレルモの、その名も「BRIOSCIA」というお店で食べましたが、美味しかったです~!

ただし、ブリオッシュで挟むので、カロリーは結構あります。食べたらその分歩けばOKさ!

モディカ・チョコレート

モディカチョコレート

モディカ・チョコレートは、シチリアの中で、モディカ(Modica)という町だけに限定される銘菓ですが、非常に古い製法で作られた、珍しいチョコレートです。

ミルクを使わず、カカオと砂糖だけで仕上げた、原始的なレシピで作ったチョコレートで、ざらざらした食感が特徴です。

独特な食感が、日本で食べているチョコレートとあまりにも違うせいか、「硬くて美味しくない」という感想を見ることもありますが、私は非常に美味しく頂きました。モディカ・チョコが恋しいです。また食べたいです!

モディカ・チョコの老舗で、おすすめのお店を紹介した記事はこちら→モディカチョコレートを買うなら老舗の名店bonajuto(ボナユート)が絶対のおすすめ!

モディカ・チョコレートは、モディカ以外でも、他のシチリアの町のバールやお菓子屋さんなどでも目にします。

モディカに行く予定がない方も、見つけたら、ぜひトライしてみて下さい。

普通のチョコレートとくらべて溶けにくく、それなりに保存が効きますので、お土産にも最適です。

関連記事

シチリア島の鉄道事情!遅延が多くて使いにくいって本当?

シチリア島の治安は本当に悪い?個人で周遊して実際に感じたこと

シチリア島の都市別ガイド一覧

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi