イタリア旅行の航空券をいつも全力で選ぶワタクシが、どういったポイントをチェックしてイタリア行き航空券を選ぶのかご紹介します!

ミラノ・ローマへは直行便で行こう!

アリタリア航空

日本からイタリアへの直行便は、ミラノ行きローマ行きがあります。

日本からミラノかローマに入るのであれば直行便が断然おすすめです。その理由は以下の通りです。

直行便はフライト時間が短い

イタリアへのフライトは直行便でも12時間強かかりますが、乗り継ぎ便を使うと、さらに2時間以上がプラスされます。

長時間のフライトはかなり疲れますので、少しでもフライト時間は短い方が良いです。

慣れない空港での乗り換えは大変

乗り継ぎ便を使うと、どこかの空港で飛行機を乗り換えることになりますが、海外の不慣れな空港で飛行機を乗り換えるのは思いのほか大変です。

飛行機に遅れなどが出た場合はさらにヒヤヒヤしますので、直行便の方が身体的にも精神的にもずっと楽です。

直行便はロストバゲージのリスクが低い

「出国の際にカウンターで預けた荷物が行方不明になってしまい、到着空港で受け取れない」というトラブルを、ロストバゲージといいます。

「21世紀の文明社会でそんなことめったにないだろう」と思うかもしれませんが、実は、ヨーロッパへのフライトでロストバゲージの憂き目にあうことは多いです。

私は幸いにまだ体験していませんが、ロストバゲージに遭ったことのある知人は結構います。

たいていは数日内に見つかってホテルに届けられますが、慣れない国に到着したばかりの状態で、用意してきた荷物が手元にないことは想像するだけでも大変ですね。

ロストバゲージのほとんどの原因は、乗り換え空港で荷物を積み間違えるという人為的ミスのため、直行便を使うことによってロストバゲージのリスクはグッと低くなります

発着時間は重要!特にイタリアに到着する時間は重視!

空港の電光掲示板

イタリアへの航空券を選ぶ場合、必ずチェックしたいのが飛行機の発着時間です。

中でも、イタリアに到着する時間は、かなり気にしたいポイントです。

イタリア行きフライトは夜の到着が多い

日本初イタリア着のフライトは、直行便も乗継便も夜7時以降の到着になるフライトが多いです。

夜の到着は、翌日からの観光に備えてそのまま就寝できるため、時差ボケになりにくいというメリットがあります。しかし、あまりにも遅い時間の到着はデメリットが多いです。

イタリアでは空港から市街地までの移動に時間がかかることが多く、空港に夜遅く到着するフライトだと、市街地に着くころにはさらに遅い時間になってしまいます。

また、イタリアはバスの乗り方などがわかりにくく、市街地に着いてもホテルまでの移動に一苦労することもあります。

飛行機でイタリアに到着したばかりの時は、まだイタリアに不慣れですし、長時間のフライトで疲れていてあまり頭も働きません。

夜遅いと、暗くて道がわかりにくかったり、バス停が見つからなかったりしますし、周りに道を尋ねる人がいないこともあります。

女性だけの旅行であれば、治安も心配ですね。

イタリアに深夜到着するデメリットを箇条書きにまとめてみます。

  • イタリアの交通機関はわかりにくく暗い時間はさらに難しくなる
  • 夜の到着は治安面が不安
  • 長距離フライトで疲れた頭で深夜に不慣れな町で移動するのはリスクが高い

目的地によっては、どうしても遅い時間の到着しか見つからない場合もありますので、不安を感じる場合は空港からホテルまで、タクシーやホテルの送迎サービスを利用することも考えましょう。

羽田発深夜便はイタリア到着が午前中になることも!

羽田空港が国際空港化してから、都心からのアクセスのよい羽田空港発の国際便が人気です。

羽田発の便はアクセスがよいだけでなく、仕事帰りにそのまま飛行機に搭乗できる深夜発の便が注目されています。

この深夜発の便を使えばイタリアに午前中に到着できることもあるので、到着したその日から観光したい方には便利です。

H.I.S.の海外航空券検索を使えば、到着時間順に並べられる!

航空券を探す際に、各フライトのイタリア到着時間を比べるなら、H.I.S.の海外航空券検索が便利です。

訪問都市や日付を入れて航空券を検索した後の検索結果を、到着時間が早い順に並べ替えることができます。

HISのサイト

H.I.Sのサイトはこちら

航空券の料金はトータルで必要な金額を比べる!

航空券を探す際、一番比べるのは、やはり航空券の料金です。

航空券を検索できるサイトのほとんどは、価格の安い順に並べて検索することができるので、航空券の価格を比較するのは簡単です。

しかし、海外航空券を購入する際には、航空券代以外に支払わなければならない料金がたくさんあるので気をつけましょう。

航空券代以外に必要となる料金としては、 空港使用料海外諸税燃油サーチャージなどがあります。

他にも、発券手数料や、土日発着のプラス料金がかかる場合もあります。

航空券の料金を比べる際には航空券代だけでなく、トータルで最終的に必要となる料金を比べましょう。

料金以外の細かい諸条件も比べよう

飛行機たち

イタリア行きの航空券を探す際に、一番気になるのは価格だと思いますが、安い航空券には安いだけの理由があります。

一般的には、航空券代金が安ければ安くなるほど航空券の条件が悪くなります

土日発着の追加料金がかかるかどうかや、発券手数料、キャンセルポリシーなどは、航空会社や旅行会社によってまちまちですが、価格の安い航空券ほどこういった条件が悪くなります。

私はイタリアへは2週間以上の日程で旅行に行くことが多いのですが、安い割引航空券は旅程が14日間までのものが多く、いつもこの条件に悩まされています。

価格がほとんど同じくらいの航空券がある場合は、航空券の諸条件を比較してみましょう。

特にキャンセルポリシーは、不測の事態で旅行そのものが中止になる可能性がゼロとは言えませんので、必ずチェックしておきましょう。

コードシェア便に注意しよう

コードシェア便の掲示板

イタリア行きのフライトには、コードシェア便というものがあります。

私が初めてイタリアへ行った時、アリタリア航空を利用しましたが、ローマから成田へ帰る便はアリタリア航空とJALのコードシェア便でした。

コードシェア便とは複数の航空会社が共同で飛ばすフライトです。

このコードシェア便は同じフライトでも、どちらの航空会社の航空券として購入するかで、価格や諸条件が変わってきます。

全く同じフライトなのに、高い価格で購入してしまうのはちょっと悲しいですので、どちらの航空会社の便として購入する方がお得なのかチェックしてから購入しましょう。

ちなみにコードシェア便は、どちらの航空会社のフライトとして呼ぶかで、便名の呼び方も変わります。

例として、上の画像は、オランダ航空とアリタリア航空の共同運営便ですが、オランダ航空は「KL1584」と呼び、アリタリア航空は「AZ7740」と呼んでいます。便名は違いますが、同じフライトです。

他の航空券関連の記事もあわせてどうぞ



イタリア行き航空券関連の記事インデックスはこちら

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi