イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

パドヴァを1日で回るモデルコース!私が歩いたコースをアレンジ

  • HOME »
  • パドヴァ »
  • パドヴァを1日で回るモデルコース!私が歩いたコースをアレンジ

パドヴァ カフェ・ペドロッキ

パドヴァ観光といえば、スクロヴェーニ礼拝堂でジョットの最高壁画を見学!というイメージですが、パドヴァには、スクロヴェーニ礼拝堂以外の見どころがたくさんあります。

北イタリア・ヴェネト州特有の平地を、都会的な人たちがテキパキと歩いたり、パドヴァ大学の学生らしき人々の活気がもたらす町の雰囲気も、ぜひ味わいたいところです。

歴史あるカフェ・ペドロッキにも入店したいですし、学生の町ということもあり、安くて美味しいストリートフードのお店も多く、ヴェネツィアに行くついでに、スクロヴェーニ礼拝堂にだけ立ち寄るのはモッタイナイっ!

私はフェラーラからの日帰りで、朝10時から夜7時まで、ほぼ丸一日滞在しましたが、それでもパドヴァ歩きには、時間が足りなかったくらいです。

パドヴァを1日でまわるモデルコース

本当はパドヴァは1泊して、48時間有効のパドヴァカードをフルに使いたいところですが、やはりパドヴァは、隣町ヴェネツィアから日帰りする人が多くなると思います。

私は、「コレしかないっ!」というモデルコースに沿って歩き、忙しいながらも、何とか1日で完走できました。

鈍足旅行派の私でもこなせた旅程ですので、普通の速度で観光するなら、1日でまわれるモデルコースです。

実際にパドヴァで歩いてみて、順番を変えた方がよかったかな?という箇所がひとつだけあったので、ちょっとだけ修正したバージョンですが、ご紹介します。

スクロヴェーニ礼拝堂
パドヴァ

まずは朝一番でスクロヴェーニ礼拝堂へ。スクロヴェーニ礼拝堂は、朝一番の時間だと比較的空いていて、ゆっくり見学できると言われています。

エレミターニ市立博物館の絵画館
スクロヴェーニ礼拝堂と同じ敷地内にある絵画館へ。ジョルジョーネ作とも言われる小品や、ヴェロネーゼ、ティントレットなどのヴェネツィア派絵画を1時間程度で観賞。
エレミターニ教会

市立博物館のすぐ近くの、マンテーニャの壁画の一部が残るエレミターニ教会を見学

ラジョーネ宮
ラジョーネ宮

ラジョーネ宮へ10分ほど歩いて移動。私は実際には、ラジョーネ宮には時間があったら入ろうと思い、行程の後ろの方に回しましたが、一面に描かれたフレスコ画が神秘的で美しいので、先にこのタイミングで入ることをおすすめします。

ランチ休憩
レストランやストリートフード店の多いラジョーネ宮近くで、そのままランチ休憩。私は「daPrette」というお店で包みピザを買って、広場に座って食べました。その後に、カフェ・ペドロッキで軽く食後のコーヒーを飲むのもおすすめ!
サント広場へ移動
パドヴァ
サンタントニオ教会などがあるサント広場へ南下。トラムを使って移動するもの有りです。
サン・ジョルジョ礼拝堂+サンタントニオ同信組合
パドヴァ
サント広場にある、ジョット風の壁画が残るサン・ジョルジョ礼拝堂と、ティツィアー二作品があるサンタントニオ道信組合を見学。
サンタントニオ聖堂
パドヴァ

サンタントニオ聖堂内部を見学。聖堂前の、ドナテッロ作ガッタメラータ騎馬像の観賞もお忘れなく!

「Biasetto」でお茶休憩

サンタントニオ聖堂の裏から城壁を出て、世界チャンピオンのパティシェが作るケーキ屋さんの「Biasetto」へ。カフェコーナーがあるので、ケーキを食べて休憩。

サンタ・ジュスティーナ教会
パドヴァ

城壁内に戻り、サンタ・ジュスティーナ教会へ。祭壇画のヴェロネーゼ作品は、遠目になり、あまり見えないので、時間がない場合は、遠くから外観を眺めるだけにしましょう。

植物園

世界遺産の植物園を見学。私は時間がなくて、植物園には入れませんでした。

プラート・デッラ・ヴァッレ

楕円形の広場プラート・デッラ・ヴァッレを見学。洗練された美しさのある広場です。

トラムで北へ戻る
トラムを使って北の方へ戻りましょう
カフェ・ペドロッキ2階を見学
カフェ・ペドロッキ2階

カフェ・ペドロッキの2階は、美しい部屋と、リソルジメント博物館が入っているので、時間があったら見学しましょう。また、午前中にカフェ・ペドロッキのカフェに入っていない場合は、ぜひこのタイミングで入りましょう。店名にもなっているミント入りコーヒー「カフェ・ペドロッキ」を味わわなきゃ!

パドヴァ駅へ戻る
思い残すことがなければ、トラムか徒歩でパドヴァ駅に戻りましょう。私は、スクロヴェーニ礼拝堂にもう一度入りたくて、夕方遅い時間の予約を取り、再入場してから駅へ戻りました。

モデルコースに補足説明

パドヴァ

パドヴァのような見どころが多い町は、心残りがないように、「見たいものから先に見る」のが鉄則で、この「見たい順」と、効率よく歩くことを、両立させる必要があります。

パドヴァに行ってみて、私はラジョーネ宮が大変に気に入りましたが、ラジョーネ宮は、旅程の後ろの方で入場する旅程となりました。

もし時を巻き戻して、パドヴァ歩きのコースを考えなおすことができるなら、ラジョーネ宮は、もう少し早い時間に入りたいなあと思い、私が実際に歩いたコースをアレンジしてみました。

逆に、植物園など、町の南側に見たいものが多いと言う場合は、最初にトラムで植物園あたりまで南下して、先にそのエリアを周遊してから、北上するという順番にしましょう。

関連記事

パドヴァ観光で見逃せないおすすめの見どころ11選!

パドヴァの超おすすめ!老舗「カフェ・ペドロッキ」でミントコーヒー!

パドヴァのトラム乗り方ガイド!路線図はどこで確認できる?

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.