イタリア旅行8回のイタリアマニアが作る、「かゆい所まで手が届く」イタリア旅行ガイド!

パドヴァへの行き方!ヴェネツィアやフィレンツェから鉄道で!

  • HOME »
  • パドヴァ »
  • パドヴァへの行き方!ヴェネツィアやフィレンツェから鉄道で!

ヴェネト州の電車

パドヴァは、トレニタリア(Trenitalia)の鉄道駅があり、駅から市街地まで歩いてすぐなので、アクセスしやすい町です。

パドヴァ駅は特急電車のフレッチャも停車するので、やや遠いミラノやフィレンツェからも、スムーズに足を運べます。

ヴェネツィアからパドヴァへの行き方

ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅から、パドヴァまでは、トレニタリアのレジョナーレ・ヴェローチェ(RV)を使って、30分弱です。

レジョナーレ・ヴェローチェは、各駅停車のレジョナーレ(R)よりも停車駅が少ない急行電車ですが、特急のフレッチャ(freccia)と違い、全席自由で、特急料金も発生しないのでリーズナブルです。

レジョナーレでは、ヴェネツィアーパドヴァ間は50分ほどかかるので、1時間に1本程度本数がある、RVの時間を調べておくとよいでしょう。

ヴェネツィアーパドヴァ間は特急電車のフレッチャ(freccia)も走っていますが、RVと所要時間が変わらないです。運賃は倍以上になるので、RVを利用しましょう。

ミラノからパドヴァへの行き方

ミラノ

ミラノからパドヴァに行くには、特急のフレッチャロッサ(frecciarossa=赤のフレッチャ)を使って、2時間弱です。

本数は1時間に1本程度あります。

ヴェローナからパドヴァへの行き方

ヴェローナ

ヴェローナからパドヴァまでは、RVで1時間弱、フレッチャで40分程度です。本数は1時間に1本程度あります。

フレッチャの方が早いですが、運賃は倍以上になります。20分の差ですが、お金と時間のどちらを節約したいかで決めることになりますね。

ボローニャからパドヴァへの行き方

ボローニャ駅

ボローニャからパドヴァまでは、RVで1時間半、フレッチャで1時間です。本数は1時間に1本程度。

こちらもヴェローナからと同様、フレッチャが運賃が倍以上ですので、30分の差をどうしたいかという判断によります。

フィレンツェからパドヴァへの行き方

フィレンツェ ボーボリ庭園

フィレンツェからパドヴァは、直通のフレッチャを使って1時間半程度です。

フレッチャロッサ(frecciarossa)と、フレッチャルジェント(frecciargento=銀のフレッチャ)の二種類が走っていますが、所要時間と運賃はほとんど差がありません。

どちらかを選べるなら、フレッチャロッサの方が車体が新しくてキレイなので、赤のフレッチャの方がおすすめです。

フェラーラからパドヴァへの行き方

フェラーラ駅

少数派だとは思いますが、私はフェラーラからパドヴァに行ったので、フェラーラからの行き方も記録しておきます。

フェラーラからはレジョナーレ・ヴェローチェ(RV)で1時間弱と、思った以上に近いです。RVを使えば、途中の停車駅が少なく、スイスイと到着します。

イタリアの鉄道利用をまとめたコーナー

パドヴァはイタロも走っている!

パドヴァには、イタリアの大きな町をつないで走る、トレニタリア(Trenitalia)とは別会社の、イタロという電車も走っています。

イタリアの鉄道旅行はトレニタリアが主流になってしまいがちなので、イタロに乗ってみたい人には、利用するよい機会かもしれません。

イタロはトレニタリアに比べると本数が少ないので、時刻表をしっかり調べておきましょう。

イタロの公式サイト(英語版)

パドヴァ駅から市街地まで

パドヴァ

パドヴァ駅から、市街地の北にあるスクロヴェーニ礼拝堂までは、歩いて10分弱です。

徒歩の他、パドヴァの市街地を南北に走っている、単線のトラムを使って行くこともできます。

もし時間があるなら、鉄道駅からスクロヴェーニ礼拝堂までの道に途中で、運河を越えるポイントがあるので、歩いていく方が楽しいです。

ただし、パドヴァカードを購入すればトラムが乗り放題になるので、パドヴァカードの元を取りたい場合は、トラムに乗ってしまいますよね(私のことですが)。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

イタリアのWiFi事情!

FreeWiFi
イタリアでもスマホやタブレットを自由に使うためにはどんな準備が必要?イタリアのWiFi事情を知っておきましょう! 詳細はこちら

海外旅行保険が値上げ…

海外旅行保険
海外旅行保険が大幅に値上げしました。保険料は節約したいけど、保険の安心感も欲しい…。「節約」と「安心」を両立させる旅行保険の入り方をご紹介します。 詳細はこちら
PAGETOP
Copyright © 辺獄のイタリア旅行おすすめ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.