ボルツァーノ駅

ボルツァーノの鉄道駅にコインロッカーはありませんが、荷物預かり所があります。

ボルツァーノは南チロル地方の交通の要所になるので、荷物預かり所があるのはありがたいことです。

ありがたいんですが…利用してみると、日本人の感覚では理解しがたいハプニングが起きました!

ボルツァーノ駅の荷物預かり所「キャンプ・ドロミティ」

ボルツァーノ鉄道駅内の荷物預かり所は、駅舎と面しているホーム沿いにあります。

ボルツァーノ駅の荷物預かり所

「BASE CAMP DOLOMITES(ベース・キャンプ・ドロミティズ)」という旅行代理店のようなカウンターで、荷物を預かってくれます。

【営業時間】
8:30~18:30
【料金】
最初の5時間:€5
その後12時間までの預かり:1時間につき€0.9加算
12時間以上~丸1日の預かり:€15 

駅のホームに面していて、ボルツァーノ駅に到着したらすぐに預けられるため、便利な場所にあります。

ボルツァーノの荷物預かり引換券

荷物を預けたら、バーコード付きの引換券を受け取ります。

この引換券に、預けた時間も記載されています。

預けた時間の記載は下から2段目です。私は2019年3月12日、13時38分に預けています。

荷物を取りに戻ったら閉まっていたというハプニング!

私はボルツァーノでは、ボルツァーノ市街地ではなく、ボルツァーノのさらに上のレノン地区に宿泊しました。

そのため、ボルツァーノに到着した日、レノンに移動する時間まで、この鉄道駅の荷物預かり所にスーツケースを預けて、ボルツァーノ中心部を散策しました。

そして、夕方の5時半くらいにスーツケースを取りに戻ってくると、営業時間は6時半までなのに…ドアが閉まっていて、誰もいない!!!

こんな張り紙がしてありました。イタリア語とドイツ語で「18時15分に戻ってきます」と書いてあります。

…あと45分、戻ってくるまで荷物は受け取れないってこと!?

そんなバカな話が………あるんだよね、イタリアではッ!

しかし、私はかろうじてイタリア語が読めるのでまだよかったですが、英語しかわからない場合は、わけもわからないし焦りますよね。

しかも、その後に電車を予約していたりすると、スーツケースを受け取れず、予約していた電車に乗れなくなっちゃいますよね!

私はこの後、レノンにタクシーで移動する予定だったので傷は浅かったですが、「電車の予約があったら…」と思うと背筋が冷える思いがしました。

戻ってきた女性スタッフは、45分も待たされた私たちの怒りに気づかないふりするし、姉が英語で軽く抗議すると、いけしゃあしゃあとイタリア語で「私、英語わからないの…」。

いやいやいや、アナタ、受け付けする時は普通に英語しゃべってましたよ!!!

もう、この時はあったま来ましたが、時間が経った今では「何が起こるか油断するなイタリア旅行」の授業だったと思っています(苦笑)。

イタリアの荷物預けでは戻る時間を伝えておくのが無難…

スーツケース

そんなわけで、この経験から、イタリアで荷物預かり所を利用する場合は、スタッフが一人しかいないときや、その後に予定がある場合などは、何時頃に取りに戻るか伝えるようになりました。

とはいえ、こんなことめったにないんですけどね!

同じBASE CAMP DOLOMITESでも、トレント駅の荷物預かり所はしっかりしていて、スタッフも親切で何の問題もありませんでした。

いずれにせよイタリアで荷物預かり所を利用するときには、こんなトンデモナイことが起きるということを、頭の片隅に入れておくとよいと思います。

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi