パレルモとはどんな町?

パレルモ

パレルモ(Palermo)は、シチリア島の中心都市です。シチリアでは一番大きな町で、シチリア州の州都でもあります。

パレルモの町の起源は、古代ギリシアの植民時代にさかのぼりますが、中世に、シチリア島をアラブ勢力が征服した時代に、シチリアの首都となります。

アラブ、ノルマン、フランス、スペインと支配者が変わって行ったシチリア島。長くシチリアの中心であったパレルモには、これらの異文化が混ざり合って残っています。

地中海のほぼ中心にあるシチリア島は、さまざまな文化が交差する「地中海の十字路」と呼ばれていますが、それを最も象徴している都市が、パレルモだと思います。

明らかにイタリアの本土では見ないような、アラブ式の赤い丸屋根が残る教会、エキゾチックなノルマン王宮、そこにヨーロッパ支配時代のバロック建築が加わった町並み。

ナポリも、その煩雑さから「混沌とした町」と呼ばれますが、いわゆる文化的な混沌さとしては、パレルモがイタリアでナンバーワンなのではないかと思います。

この混沌としている旧市街は、大都市特有の殺伐とした雰囲気があります。また、少し、狭い路地に入り込むと、観光客を不安な気持ちにさせるような、荒れ果てた風景もあります。

ヴィットリオ・エマヌエーレ大通りより北へ行くと、町並みはどんどんスッキリしていき、近代的な新市街が現れます。こちら新市街は、オシャレなお店も多く、旧市街とは全く雰囲気が違い、近代的都市に慣れた日本人を、ホッとさせるような町並みです。

パレルモの治安は、イタリアで飛びぬけて悪いとまでは感じませんでしたが、旧市街は見た目が恐いですし、駅周辺では、実際にスリに遭いかけました。率直に言って、パレルモは、日本人旅行者にとって、イタリアの中ではハードルの高い町だとは思います。

ですが、旅行者を狙う軽犯罪は、イタリアの大都市には付き物ですし、絶対に足を踏み入れるちゃいけない、というほどの過剰な恐れは必要ないと思います。基本的に身辺に気を付けていれば大丈夫ですので、このエキゾチックで不思議な町の空気を、ぜひ味わってみて下さい!

 パレルモの場所・位置は?


パレルモはシチリア島の北西部に位置します。海を挟んだ直線距離では、意外とナポリが近く、ナポリとパレルモをつなぐ船便も出ています。

こちらのパレルモへのアクセス方法についての関連記事も、あわせてご覧ください。


 パレルモ観光におすすめの本・ガイドブック


A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2017~2018
地球の歩き方の南イタリア版。パレルモは15ページほどに渡ってガイドされていて、ナポリの次に情報量が多いです。観光にはこの1冊があればじゅうぶんです。購入の際は、最新版かどうかを確認してください。


シチリアへ行きたい (とんぼの本)
複雑なパレルモの歴史がざっくり読めます。観光名所の歴史的背景を知っておきたい方に、ぜひおすすめの本。シチリア全体を旅する方は、この本を読んでおくと、ガイドブックよりも一歩踏み込んだ旅行が楽しめます。


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2013年 10月号 [雑誌]
シチリア旅行で、一番使い倒した雑誌。パレルモの数少ない(?)オシャレなお店などが紹介されていて、役に立ちました。


イタリア 24の都市の物語 (光文社新書)
この本のパレルモを紹介した章はなかなか面白かったです。シチリア島では、タオルミーナ、シラクーサ、チェファルの章もあります。


イタリア古寺巡礼―シチリア→ナポリ (とんぼの本)
パレルモの、アラブとノルマンの時代の痕跡が残る教会を取り上げています。パレルモの一風変わった教会は、歴史背景を知っておくとさらに深く楽しめます!

 パレルモはツアーで行ける?

シチリア島は、イタリアの南端ということもあり、個人旅行者にはハードルが高いと考える方も多いようで、日本人観光客のほとんどはツアー客でした。

シチリア島と南イタリアをセットにしたり、シチリア島だけを周遊したりするツアーは、結構見つかります。

シチリア島は鉄道があまり発達していなくて、島の大きさの割には公共交通機関を使っての移動に時間がかかることも多いです。観光バスを使っての周遊は、個人旅行で移動するよりもスムーズです。

JTB
H.I.S.
日本旅行
JALパック
近畿日本ツーリスト 海外ツアー

他のパレルモ関連記事もあわせてどうぞ



イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi