ローマのコロッセオ

ローマへ旅行に行く場合、海外旅行に持って行く定番に必需品に加えて、「これはローマには持って行った方がいいよ!」というものをご紹介します。

このページで紹介しているのは、「特にローマで必要なもの」です。

イタリア旅行の、ベーシックな持ち物リストは、こちらのページをどうぞ→イタリア旅行の必需品・持ち物チェックリスト

屋外観光の多いローマはサングラス必携!

サングラス

まず、ローマ旅行に必須なのは、サングラスです。

ローマには、コロッセオやフォロ・ロマーノなどの古代ローマ遺跡、トレヴィの泉やスペイン階段など、屋外にある見どころが多いです。

特に、古代ローマ遺跡内は、日よけになるものが少なく、直射日光が目に入ってきて疲れます。

サングラスがあるとないとでは、疲労度がかなり変わってくるので、必携です。

ローマの観光地周辺では安いサングラスが路面で販売されていますが、粗悪な品質のものが多いので、日本から持って行くことをおすすめします。

美術館での貴重品入れになるショルダーバッグ

ショルダーバッグを持った女性

ローマには、ぜいたくな所蔵品を誇る美術館・博物館が数多くあります。

ローマの美術館ではバックパックやトートバッグなどの大きな荷物を館内まで持ち込めないことが多く、クロークに預けるように言われます。

美術館内には、小ぶりのショルダーバッグなら持ち込むことができます。

ローマで美術館鑑賞をする予定がある場合は、貴重品だけ入れて美術館内を歩き回るための、ミニショルダーを用意しておくと便利です。

 ショルダーバッグの大きさは、スポーツバッグみたいに大きすぎなければ大丈夫ですが、「自分のショルダーは大きすぎるかも…」と心配な場合は、貴重品を入れる巾着袋を持っておくと安心です。

教会で芸術作品を鑑賞するための小銭

ユーロコイン

ローマには、ラファエロやカラヴァッジョ、ベルニーニなど、イタリア芸術の巨匠たちの作品を所蔵している教会が数多くあります。

しかも、そういった教会のほとんどに無料で入場できるのが、ローマ観光の大きな魅力です。

ですが、無料で入場できる分、芸術作品は観光客の鑑賞用というよりは信者の信仰のためのものであり、観光客が見やすいような環境は整っていないことも多いです。

それでも、観光客が少しでもしっかりと鑑賞できるように配慮してくれて、芸術作品をもう少し明るい環境で見れるように、点灯マシンが設置されていることがあります。

この点灯マシンは、50セント硬貨か、€1硬貨で点灯することが多く、両替はできません

小銭がなくて、点灯できなかったらもったいないですので、ローマ観光中は、意識して小銭を多く持つようにしましょう。

そのためなのかはわかりませんが、欧米の観光客で、ポケットにすさまじく大量の小銭を入れている人が時々います(イタリア旅行中に、こういう人にユーロ札を両替してもらったことが何度かあります)。

ローマでは防犯グッズが役に立つ!

このサイトでも繰り返し書いていますが、ローマは旅行者にとって治安がよい町とは言えません。

ローマの治安については、もっとくわしい記事をこちらのページで書いています→ローマの治安を実体験で語る!3つの危険エリアと旅行者が注意したいこと

路上でのひったくりに遭いにくい肩にかけるタイプのバッグや、大金やパスポートをしまうためのインナーセキュリティ、万が一の場合にすぐ助けを呼ぶための防犯ベルやホイッスルなど、防犯対策グッズは必携です。

また、「こんなことなら海外旅行保険に入っておけばよかった…」と後悔しないように、海外旅行保険が付帯した無料のクレジットカードを作っておくと安心です→海外旅行保険の値上げで無料の「エポスカード」を作りました

関連記事

ローマのホテルを探す!宿泊におすすめの地区・エリアは?

ローマの治安を実体験で語る!3つの危険エリアと旅行者が注意したいこと

ローマ関連記事のインデックス

イタリアでも当サイトを見てね!

海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

海外専用グローバルWiFi